婚活女性を骨抜きにする「アラフィフ男」の策

「恋多き女」は刺激とドラマを求めるものだ

由美は、何かにつけておカネの話をしてくる佐伯に疑問を感じ、燃え上がっていた気持ちもしだいにクールダウンしていった。

そんなときに、メールのやり取りだけはしていた横田から、「久しぶりに会いませんか?」とメールが来たので、神楽坂で一緒に食事をした。

そこで由美は、聞いてみた。

「横田さんは、結婚した後に女性に働いていてほしいほうですか?」

「そうですね。僕は専業主婦は好きじゃない。なんらかの形で女性は社会とつながっていたほうがいいと思うから、働いていてほしいです」

「それって、結婚後も女性がフルタイムで働くということですか?」

「働きたければそれでもいいけれど、自分の好きなものを買える、お小遣い程度稼いでくれればいいですよ。この年齢だと、子どもは授かれるかどうかわからないですしね」

長い年月の結婚生活を考えると…

この話を聞いて、由美はなんだかほっとして肩の力が抜けたという。佐伯と横田、女性をドキドキさせ夢中にさせるテクニックは、確かに佐伯がずば抜けて長けている。おしゃれな店も知っている。見た目も佐伯のほうが断然すてきだ。

しかし、長い年月の結婚生活を考えたら、何かにつけおカネにうるさい佐伯と暮らすよりも、日常に転がっている小さな幸せを積み立てながら、のんびりと横田と暮らしたほうが穏やかで楽しいのではないだろうか。

由美は私に言った。

「もう一度真剣に横田さんと向き合ってみます」

由美が、“結婚はやっぱり考えられない”ことを告げると、佐伯は慌ててその理由を問いただしてきたそうだ。

「どうして急にそんなことを言い出すの? もしかして、この間話した家計のこと? じゃあ、僕が20万、キミが10万、お袋が10万の40万で生活すればいいんじゃないの?」

佐伯はどこまでもおカネに固執してきた。

後にわかったことだが、佐伯はすでに相談所を退会していた。佐伯の相談所は休会の場合、月に数百円程度の在籍料を払わなければいけなかったようで、由美と結婚できると踏んだ彼は、その在籍料を払うのも惜しくなったのだろう。

結局佐伯との結婚を取りやめ、現在、由美は横田と結婚に向けての“真剣交際”に入っている。

ドラマチックな恋愛が大好きだった由美の終着点は、穏やかな日常を紡ぐ結婚になりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT