45歳女性が「電撃結婚」で気付いた致命的失敗

家で「甘い選択」をすると、後から痛い目に

45歳で電撃結婚したC子さんは結婚してから、ようやく致命的な失敗に気付いた(写真:tachi / PIXTA)

今回、私たちファイナンシャルプランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、大手商社に勤める45歳の女性、C子さんです。実はC子さんは2年前にも一度相談に訪れており、今回は2回目。初めてのときは独身でしたが、半年前に良い出会いがあり、結婚したとのことでした。

初回時、C子さんは「私も40歳を過ぎて一生独身だと思うので、家、買っちゃいました!」と笑いながら、貯めたおカネの運用の相談をしに来たのですが、今回は浮かぬ顔です。実は、買った家が結婚後、すっかり「お荷物」になってしまったというのです。どういうことでしょうか。

「まさかの結婚」で、ライフプランが激変!

まずはC子さんが結婚する前の話から。C子さんは、柔らかい雰囲気がとても素敵な女性です。2年前に相談に来たときには43歳だったわけですが、当時はお付き合いしている人もおらず、自分で一生独身だと決めこみ、マンションまで購入していたのでした。確かに、40代になり彼氏もいないとなると、「一生独身かも……」と考えるのもわかります。

ことマンション購入に関しては、それなりに貯金もあったため、まったく問題なく住宅ローンが組めました。めでたく郊外の広めの新築マンションを購入し、快適に暮らしていたのですが、出会いは突然やってくるもの。友人に誘われて何気なく行った食事会で素敵な男性との出会いがあり、その場で意気投合。その後、順調に交際が進み、半年前にめでたく結婚したのです!

C子さんにとってはまさに予想外の出来事だったわけですが、こうして事務所で相談を受けていると、ふと思うことがあります。偶然なのかもしれませんが、独身女性の場合、なぜか家を買ったとたんに彼氏ができたり、結婚したりする方が少なくありません。

次ページC子さんには、何が欠けていたのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。