45歳女性が「電撃結婚」で気付いた致命的失敗

家で「甘い選択」をすると、後から痛い目に

仮に買い手が見つかったとしても、新築物件を買っているので、売却価格よりも住宅ローンの残債金額のほうが多く、「家はないのにローンだけが残る空しい状態」になってしまう可能性があります。

C子さんも、残念ながら、今マンションを売ると、まさにローンだけが数百万円残るのは間違いなさそうです。だからといって、結婚後、彼と別の場所に一緒に住みながら、借り手もつかないまま自分が購入したマンションのローンを払っているのでこんな無駄なことはありません。相談の結果、買ったマンションについては、筆者が信頼を置いている不動産コンサルティング会社を紹介し、賃貸か、損切り覚悟での売却か、次善策を練ることになりました。

買うときは、絶対に「出口戦略」を考える

今回のC子さんは、結婚がきっかけで突然ライフプランの変更を余儀なくされましたが、ライフプランの変更は誰にでも起こる可能性があります。

ですから、家を買うときには、ワクワク感が抑えきれなくなるのはわかりますが、「この物件は人に貸せるか、人に売れるか」という、いわば「出口戦略」を考えて選ぶことがきわめて大切です。

書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

考えているようで、本当にしっかり考えている人は決して多くありません。もし人に貸すとしたら「毎月のローンの返済金額を上回る金額」で貸せるのか、売却するとしたら「ローンの残債金額を上回る金額で売却できるか」どうか。これで、家が資産になるか、お荷物になるかが決まります。この差は、決定的です。

「家を買うときから、貸したり、売ったりすることを考えたくない」という気持ちはわからないではありませんが、「出口戦略」を考えて買うことで、人生の転機にも柔軟に対応することができるのです。

特に女性の場合、仮に一生独身だとしても、一般的に女性は長生きなので、終の住処が「老人ホーム」になる可能性もあります。民間の老人ホームは、月払いにすると、毎月20万~30万円程度の費用がかかります。年金だけでは足りず、住まいを人に貸して家賃収入を得るか、売却してまとまった金額を得るかといった選択肢を考慮に入れて家を買わないと、あとあと老人ホームの入居も難しくなる可能性があります。

家を買うときには、賃貸の需要が旺盛なエリアはどこなのか、資産価値が高い物件とはどのようなものなのかなどをよくよく考えてから、買うことが大切です。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IT巨人4社の正念場<br>GAFA包囲網

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、この4社をまとめてGAFAと呼ぶ。今、強烈な逆風が吹く。問題の本質はどこなのか?フェイスブックの情報管理部門責任者に直撃。