おカネで愛を買う高収入43歳不倫妻の論理

「5万円」も出せば、お姫様気分を味わえる

なぜ不倫相手に「プロ」を選ぶのか(写真:オリバー / PIXTA)
筆者は、「不倫している女性」のインタビューを続けている。ここ最近は、恋愛相手として「プロ」を選ぶ30~40代の女性が増えている。「不倫を楽しむ高収入の妻たち」について具体例を報じてきた本連載だが、今回の記事では、一定の訓練をした恋愛のプロ(セクシー俳優、ホストなど)を、不倫相手に選ぶ妻にについて、実例を交えながら紹介していく。

 

この連載の一覧はこちら

警察庁生活安全局保安課が2017年3月に発表した「平成28年における風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」のデータを見ると、2016年の性風俗関連特殊営業の届出数は3万1892件で、前年より143件(0.5%)増加。しかしソープランドなどの店舗型は前年より2.3%減少し、デリヘルなどの無店舗型は毎年1.3%増加している。このデータは、主に男性を対象とした店の数だが、低料金かつ疑似恋愛的サービスを売りにしている無店舗型のほうが人気なのだと推測する。それは女性も同じのようだった。

結婚14年間で「夫婦関係」を結んだのは数回

「私、プロとの不倫がいちばんいいと思う」と言うのは、小野田真理子さん(仮名・43歳)。品川区在住、有名企業でコンサル業務に従事しており、年収は800万円。夫は大学の同級生で大手保険会社に勤務している。2人は30歳のときに夫からのアプローチで恋愛結婚する。小学校6年生の娘がおり、有名私立大学の付属中学校の入試を控えているが、成績優秀なので大きな心配をしていないという。

真理子さんは全体的にむっちりした体形の女性だ。ファッションにはあまり興味がなく、10年ほど前にはやったノーカラータイプの黒のジャケットに、臙脂(えんじ)色の釣り鐘型のスカートを合わせ、特殊なソールで有名な健康効果が高い靴を履いていた。バッグはドイツの質実剛健ブランドのリュック。「不倫」という単語があまり連想できない。

次ページ長年にわたるレスの問題
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。