大人が遊ぶ「荒木町」を彩る女性たちの正体

スナック「ゆず」にはまた帰りたくなる

東京屈指のグルメタウン荒木町には、こんな情緒にあふれた石畳もある(筆者撮影)
この連載の一覧はこちら

明治末期から大正、そして昭和初期にかけて東京有数の花街・三業地としてにぎわいを見せた荒木町は、今でもその面影を色濃く残している。松川二郎著『全国花街めぐり』(全巻、1929年)によると、全盛期には200人以上の芸妓さんがいたことも。さながら東京の祇園である。

かつて河田町にフジテレビがあった時代。荒木町は業界人でにぎわっていた。しかし、フジテレビがお台場に移転した後、不況のあおりを受け料亭街は衰退。以後はサラリーマンを対象とした小規模なスナックやバーが主流となった。

ひと昔前の下宿先にありそうな階段を上ると…

みよ! この心引かれる昭和な外観(筆者撮影)

現在の荒木町は、『ミシュランガイド』に掲載される名店や個性的な飲食店が軒を連ね、“グルメ人が通う街”としてにぎわいを取り戻している。その中でも、ひときわにぎやかな杉大門通りに、「お食事とカラオケの店 ゆず」はある。

外看板を目印に店を探すと、すぐにそれらしき店を見つけた。通りに面した扉は開放されており、中をのぞくと、ひと昔前の下宿先にありそうな細長い階段が。レトロな手すりにつかまり、階段を上る。まさに昭和のそれである。

内扉を開けると、店内はこぢんまりとしていた。カウンター席と8人掛けのソファー席がある。所狭しと飾られた花や絵、洒落たアンティークガラスの照明。オレンジ色の店内は大正ロマンにあふれている。先客は1人、カウンターにいた。

料金形態を聞いてみると、飲み放題、歌い放題、さらにママの手作り料理3~4品がついて一律4000円とのこと。カラオケスナックには珍しく、家庭料理が食べられるのは女性にとってうれしい。

料理を注文すると、照りとつやのある「きんぴら炒め」と「米麹のお漬け物」が運ばれてきた。どちらも優しい味付けに、酒が進みそうだ。常連客に話を聞いてみた。

次ページ突然、三味線をもった女性が登場!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。