大人が遊ぶ「荒木町」を彩る女性たちの正体 スナック「ゆず」にはまた帰りたくなる

印刷
A
A

「演奏できる曲は限られていますが、お客様からのリクエストでいちばん多いのは『涙そうそう』、2番は『上を向いて歩こう』です。12月頃になると、『恋人たちのクリスマス』をカラオケで歌ってほしいというリクエストもありますね」

さらに、似顔絵もお願いした。題材は編集者M。iPhoneから流れる音楽に合わせ、固定したマイクに向かいジャジーな歌を口ずさみながら、数十本の色ペンを駆使してスラスラと描いていく。料金は1000円。宵越しの体験型エンターテインメントとしてぜひともお勧めしたい。

歌いながらすいすいと描き上げていく(筆者撮影)

結構スゴい人たちが常連だった

ママの小島典子さんは、もともとバスガイドだった。結婚して子どもができた後、やってみたかったスナックに挑戦。それ以来、40年にわたってスナックを営んできた。今では9人の孫がいるという。

「料理好きが高じてランチ営業にも挑戦したの。口コミでたくさんのお客様が来てくれたわ。でも、昼の営業は夜につながらない。それがわかってからは、舟町に店を移したのよ。11年ぐらい前のことね」

以前は娘やアルバイトレディと店に立つこともあった。だが、人にお願いすることが苦手だったため、今では1人で店に立つ。

「店に来るお客様は、警察官や消防士、政治家から、著名人など幅広いお客様が多いわね。でも、うちの店に入ってきたお客様はみな平等。だからいいのかしら。お客様がお客様を連れてきてくれるのよ」

出張ついでに訪れる客も多いという。

「いつまた来るかもしれないと思うと、ボトルを処分できなくて。『だいぶ前にボトルを入れたんだけど、さすがにもうないよね?』と聞かれて、私がひょいとボトルを出すもんだから、お客様からびっくりされるのよ」

ママのホスピタリティが感じられる言葉だ。

次ページ…と、こんどは10人連れが入店!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT