大人が遊ぶ「荒木町」を彩る女性たちの正体 スナック「ゆず」にはまた帰りたくなる

印刷
A
A

大正ロマンから昭和風情まで。幅広い顔を持つ「お食事とカラオケの店 ゆず」を、スナ女・五十嵐が評価してみたい。

荒木町でもひときわにぎやかな通りにゆずはある(筆者撮影)

まずは、「入店スリル度」。今回、路面口は開放されていたが、2階へと続く階段には驚かされた。ただ、取材中も一見さんが多数来店していることから、初心者や女性でも入店しやすいのだろう。その気軽さからスリル度は30点といったところか。

誰でも分け隔てなく受け入れてくれる

次に、「初心者&スナ女受け入れられ度」。こちらは80点を付けたい。老若男女問わず様々な客が出入りしており、カラオケの履歴も、安室奈美恵、AKB48、EXILEから、ビートルズ、「マイウェイ」、演歌まで、幅広いのがその理由だ。

先週も朝まで飲んでいたという常連グループ(筆者撮影)

最後に、「常連客との絡み度」は90点。狭い店内と限られた席数、隣との距離感は自然と乾杯できる範囲だ。またママの料理の出し下げも常連客の連携プレーに支えられている。まるで常連客がスタッフ代わりのようであった。

今回、「お食事とカラオケの店 ゆず」にお邪魔したおかげで、荒木町の良さを再確認することができた。何より“人”がいい。お店のママも常連客も、分け隔てなく受け入れるオープンな懐具合には、痛み入るばかりだ。

人と人とが信頼関係で結ばれ、その絆は、時間と空間の共有によってさらに深まっていく。スナックはまさに、昔ながらの風情を残すコミュニティであり、サロンなのだ。そのことを思い出させてくれる店に出合えた喜びをかみ締めたい。

最後に余談だが、同行した編集者Mは今回も常連客にはやし立てられ、カラオケを歌う羽目に。リクエストに応え、曲目はあみんの「待つわ」。しかし、Mが歌い出した瞬間、みんなの動きが止まった。

想定していた声質よりも擦れた声、そして店全体が共鳴するような声量。本来、「待つわ」はハモリが気持ち良いのに、常連の女性が挑戦しても、ママが絡んでも、その歌声はMの声量にかき消された。恐るべし……編集者M。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT