中島みゆき好きが集う「新宿2丁目」の熱い夜

元証券マンのママが築いたスナック「碧珊瑚」

新宿2丁目の新千鳥街にひっそりと佇むスナック「碧珊瑚」。鯉のぼりがお出迎えしてくれる(写真:筆者撮影)

一口に「スナック」と言っても、その中身は多種多様である。外観と内観、雰囲気、コンセプト、そしてママやマスターのパーソナリティなどは、店舗に独自の“色”をつける。それがスナックの醍醐味でもあり、奥深さでもあるのだ。

今回の舞台は、世界有数のゲイタウン「新宿2丁目」。連日、“同好の士”によって夜会が繰り広げられている街だ。近年では、外国人観光客向けのガイドブックに掲載されるなど、国際的な観光スポットとしても人気を博している。

「あら、女が来たわ」

その中心部とも言われるメインストリート「仲通り」のすぐ側に、「新千鳥街」はある。新宿遊郭の名残を色濃く残したディープなスポットだ。灯りともる看板が新千鳥街への道標となっている。

新宿2丁目にひっそりとある新千鳥街の表示。この表示の奥には約40軒もの個性豊かな店が軒を連ねている(写真:筆者撮影)

奥へと続く通路は、女性はおろか、初めて訪れる男性でも尻込みしてしまう雰囲気がある。間口の狭い扉が隣り合い、上下合わせて約40の店舗が軒を連ねている。色とりどりの表札には「毒」の一文字、「少年アリス」、ホモ古本ブックカフェ「オカマルト」など、いずれも刺激的なネーミングが表示されている。

その路地裏に、スナック「碧珊瑚(あおさんご)」はある。

中島みゆきの歌と、沖縄の海をこよなく愛する人々が集うスナック。それが碧珊瑚である。扉は他の店同様に狭いが、扉の上に飾られた鯉のぼりが他店と違う入りやすさを演出する。

勇気をもって扉を開くと、カウンターの中で料理の支度をする茂(シゲル)ママと目が合った。「あら、女が来たわ」。低い声で、明らかに歓迎されていない一言に後退りするが、「ど~ぞ~、奥へ座って~」との声に、筆者と編集者Mは中に入った。

碧珊瑚は今年でオープン30周年を迎える。壁には昨年描かれたお祝いの絵が(写真:筆者撮影)

店内は4~5畳ほど。カウンターを取り囲む椅子に7~8名が座れば満席だろう。狭い店内の壁には、中島みゆきのCDや写真が所狭しと飾られ、中島みゆきの歌が流れている。

壁一面に描かれた海の絵には「2017年 29周年」との文字が。「それは、昔ここでチーママとして働いていた男の子が、毎年、書いてくれているの。この海は石垣の海。今年、この店は30周年を迎えるのよ」。

次ページトップセールス証券マンだった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT