ヤバすぎる風俗の経営者が足を洗った事情

デリヘルドライバーを機に人生立て直し

駒井祐二(41歳・仮名)は、すべてを失ってデリヘルドライバーという職業にたどり着いた(写真:駒草出版)

今回も『デリヘルドライバー』(駒草出版)の執筆を通して出会ったデリヘルドライバーの人生を紹介したい。

前回の「運転のプロが職場に『デリヘル』を選んだ必然」でも触れたが、もともと日本のセックス産業は、東京であれば歌舞伎町のような繁華街か、あるいは吉原(台東区千束)などの風俗街に店舗を構えて営業されていたものだった。

ところが2003年東京都知事・石原慎太郎(当時)の号令による「歌舞伎町浄化作戦」と称する大規模な風俗店摘発がきっかけで変わり始める。続く2005年の都条例改正、さらに2006年の改正風適法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の施行によって、ソープランドに代表される店舗型風俗店は激減した。では、その後東京の街は健全化したのだろうか。まったくそんなことはない。むしろ逆だ。

東京に限らず都市部にお住まいの方は、スマートフォンに向かって「近所のデリヘル」と呼びかけてみるといい。GoogleやSiriが、近くにあるデリヘル店を探し出し、店のホームページをずらりと並べてくれるはずだ。

これは単にデリヘルという風俗が増えた、ということだけに留まらない。今や日本の都市全体が、巨大な風俗街と化したのだ。また、店舗型の風俗店の場合は前述した風適法により、深夜0時以降の営業はできないが、デリヘルの場合はほとんどが夕刻から早朝にかけて営業される。

そう、デリバリー型ファッションヘルスは、文字通り夜の闇に覆い隠されているのだ。そんな闇に包まれたデリヘルの内情を、誰より肌で感じているのがデリヘルドライバーたちだ。

「自分がドライバーになるとは夢にも思わなかった」

では、どういう人たちがデリヘルドライバーになるのだろう? 

前々回「天才音楽少年が風俗業界で働き続ける事情」でも書いたが、東スポこと東京スポーツに代表されるスポーツ紙の求人欄を広げてみれば、「デリヘルドライバー急募」という広告が目に飛び込んでくるはずだ。「即採用」「ガス代支給」「日給1万円以上」など、特に「日払い」と大きく打つところが多く、「年齢不問」とされるところも少なくない。

これはどういうことか? 職とカネのすべてをなくし、今日の食事にすらままならない状態に陥った者でも、運転免許証を所有し車の運転さえできれば、明日からは何とか生きていける職業だということだ。今回紹介する駒井祐二(41歳・仮名)はまさにそんな、すべてを失ってデリヘルドライバーという職業にたどり着いた男である。

次ページデリヘルの始祖ともいえる「ホテトル」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。