「ゆる鉄」たちが愛する缶詰スナックの正体

ガチもノンガチも集まる「キハ」の吸引力

カウンターには数十種類もの缶詰が!(写真:筆者撮影)

スナックの魅力は奥深い。大人たちが普段、会社では見せない顔を見せる場所。見知らぬ人と、楽しい一夜をともにできる場所。家よりも落ち着く場所。ママやマスターに話を聞いてもらえる場所。共感できる仲間が集う場所……。

それらの要素が複合的に組み合わさったものこそ、“スナック”である。スナックに通う人は、ママやマスターの人柄、ホスピタリティ、あるいは店のコンセプトに共感と愛着をおぼえ、やがて常連客へとなっていく。

カップ酒と缶詰片手に電車旅がコンセプト

具体的な目的は問わない。スナックならではの魅力に惹かれて集まる人がいて、それを受け入れるママ・マスターの存在があれば、それはまさしくスナックであると言えよう。それが、鉄道ファンが集まる場所であったとしても……。

“鉄道ファンが集まる場所”と聞くと、素人には敷居が高いイメージがある。「電車の話ができないと受け入れてもらえないのではないか」と、不安を感じる方も多いだろう。今回の舞台となる「キハ」は、“カップ酒と缶詰を片手にフラッと列車旅を”がコンセプト。まさに、鉄道ファンの終着駅のようなスナックだ。

都営浅草線・東京メトロ日比谷線の人形町駅から5分ほど行くと、突如、踏切にある信号灯が現れる。

暗闇に突然明かりが!(筆者撮影)

「鉄道ファンでもそうでない人もお気軽にご乗車ください」――。これを見て、さほど鉄道に対する知識を持ち合わせていない筆者と編集者Mは胸をなでおろした。

路地に入ると、赤と白に塗られた京急線車両を彷彿とさせる外観が見えてきた。その佇まいは独特な雰囲気を感じさせる。

入口には乗り場の看板が掲げられ、扉は健全なガラス戸。中の様子がよく見える。これなら女性でも、お一人様でも、気軽に入れそうだ。

次ページ扉をあけると驚きの風景が!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。