大谷翔平のメジャー挑戦が突きつける光と影

MLBは「ええとこ取り」をしているだけなのか

12月9日、米国カリフォルニア州アナハイムで会見を行った大谷翔平(Photo by Joe Scarnici/Getty Images)

2017年オフ、日米の野球界は日本ハム、大谷翔平の移籍の話題で沸き立っている。前代未聞の二刀流で驚異的な成績(投手として公式戦5年間の通算で42勝15敗、野手として48本塁打)を残した大谷が、移籍が決まったロサンゼルス・エンゼルスでどんな活躍をするかは、日米野球ファンの大きな注目だ。

テレビの街頭インタビューでは、日本からの野球選手の人材流出への賛否の声が聞かれた。「日本の高校野球で育った選手が、本場アメリカで活躍するのを見るのはうれしい」という声がある一方で、「いい選手がどんどんアメリカに行って、日本の野球は大丈夫なのか」と懸念を示す人もいる。

メジャーで通用するのは至難の業

野茂英雄が1994年オフに近鉄からロサンゼルス・ドジャースに移籍してから23年、日米の野球の関係は明らかに変質しているといえる。

この連載の一覧はこちら

まずは、日本からアメリカに渡った選手の成績をざっくりと見てみよう。

NPB(日本プロ野球)出身初のメジャーリーガーは、1964年に南海からサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下のマイナーチームに野球留学していた村上雅則だ。それ以降50人以上の日本野球育ちの選手が海を渡ったことになる。

投手 41人

(1試合だけ投げたイチロー、青木宣親を除く。米と日本の二重国籍のマイケル中村を含む)

・通算50勝以上 7人
(野茂英雄123勝、黒田博樹79勝、岩隈久志63勝、ダルビッシュ有56勝、松坂大輔56勝、田中将大52勝、大家友和51勝)

・通算30セーブ以上 5人
(佐々木主浩129、上原浩治95、斉藤隆84、大塚晶文39、長谷川滋利33)

・オールスター選出(試合出場なしも含む)9人 延べ13回
(ダルビッシュ有4回、佐々木主浩2回、上原浩治、斉藤隆、岡島秀樹、長谷川滋利、岩隈久志、野茂英雄、田中将大各1回)

この中に名前が出た選手をMLBでの成功者とすると、41人中13人だ。「NPBで活躍した投手は、即そのままMLB(メジャーリーグ)でも通用する」とは言いがたいことが見えてくる。

次ページ野手は厳しい
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。