「15秒話法」で"伝える力"は劇的に上げられる

「簡潔な話し方」が人を動かす

わかりやすいプレゼンをするには?(写真:bino / PIXTA)
せっかく話すことを考えてきたのに、実際に話しはじめると、早口になってしまう。あるいは、たどたどしくなって、うまく話せない。そんなときは、“プレゼンであらゆることが決まる”GE(ゼネラル・エレクトリック)の手法が参考になります。
『世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられているプレゼンの基本』の著者であり、GEの“世界最高のリーダー育成機関”と呼ばれる研修機関・クロトンビルで教鞭をとってきた田口力氏が解説します。

わかりやすいプレゼンをしたい場合、1文の「長さ」はどれくらいがよいと思いますか?

答えは、「1つのメッセージの塊を、10~15秒以内で言う」。話す内容や話すスピード、肺活量などの違いがあるとしても、これを基本的な目安としてお伝えしています。この10秒の中には、息継ぎを考えると、1文あるいは短い文が2~3入っているはずです。

「15秒で話す」サウンド・バイト

1文の長さを10~15秒以内にする理由は、「サウンド・バイト」にも見られる、人の集中力という観点からも説明できます。

「サウンド・バイト」とは、テレビやラジオなどのニュースで放送するために、政治家や評論家などの発言を抜粋したもののことです。

1つの発言の塊が10秒を超えると、発言が抜粋・編集されて短くまとめられてしまうため、政治家たちはこれを避けようとします。ちなみにバラク・オバマ前アメリカ大統領は、これを意識して、発言の塊を10秒以内に収めていました。

なぜ、10~15秒以内なのか。それは、人の集中力が長く続かないからです。これは聞く側の立場に立ってみれば経験的にもわかると思います。テレビCMも、標準的なものの長さは15秒ですね。

この10~15秒の間に、メッセージの塊として1つのことを言い切るのが、簡潔に伝えるためのテクニックなのです。

次ページ「10~15秒のメッセージの塊」を体感
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT