「養老孟司の新書」がどれも売れる5つの理由

どうして5作連続で10万部を超えられたのか

なにが読者をそこまで惹きつけるのか?(撮影:今井康一)

養老孟司氏(東京大学名誉教授)の新著『遺言。』の売れ行きが好調のようだ。11月17日の発売以降、各書店の新書ランキングで軒並み1位を獲得。発売から3週間余りで11万部を突破したことになる。

養老氏の名前を一躍、一般の人々の間で有名にしたのは、『バカの壁』だろう。2003年に刊行されたこの本は、現在までに442万部を売り上げている。版元の新潮社によれば「壁」シリーズとして刊行された『死の壁』『超バカの壁』『「自分」の壁』もそれぞれ70万部、50万部、30万部を突破している。新潮新書から刊行された養老氏の著作は5作連続で10万部超えということになる。

第2弾、3弾は売れない著者が多い

実は新書でベストセラーを出した著者でも、第2弾、3弾となるとセールス的には苦しくなるケースが多い。ミリオンセラーの続編が、数万部にとどまるのは決して珍しくない。

「小説の場合は、シリーズ化すれば一定の読者はついてきますが、教養新書は同じ登場人物が大活躍、といったパターンは不可能です。また、往々にして人生論でヒットした人は、次も人生論で、となるものの、そんなに話が変わるわけではないから、どうしても2作目は厳しくなりがちなのです」(ある教養新書編集部の編集長)

このような中で、養老氏の「ヒット率」には目を見張るものがある。

なぜそこまで売れるのか。なにが読者を惹きつけるのか。新書というパッケージの特性や、「バカの壁」という流行語の影響を論じる向きが多いのだが、ここではあえて本の中身を中心に考えてみたい。過去のシリーズ作も見つつ、担当編集者などの話も聞きながら考えてみよう。

次ページ5つの理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT