パナソニックのアジア攻略、カギはバブル女性

東南アジアで”パナソニックビューティ”が人気

目覚ましい経済発展により中間層が急増する東南アジアで、手強い海外勢を牽引する日の丸家電がある。パナソニックの「Panasonic Beauty」、日本のカテゴリーでいうところの美容家電だ。
今まさにバブルを迎える同地域に、日系企業はどのように攻勢をかけていくべきなのか――。その地に着実に根付き、東南アジアの女性たちに受け入れられつつある同社の、進出の軌跡をたどる。

Panasonic Beautyは、パナソニックが2011年9月に展開を始めた美容家電ブランド。ドライヤーなどのヘアケア商品、保湿するためのスチーマーなどのフェイスケア商品、シェーバーなどのボディ・フットケア商品など。男性向けの美容家電シリーズ「Panasonic Beauty for MEN」もある。

同ブランドが東南アジアに投入されたのは、その2年後の昨年9月。対象はタイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポールの5カ国であった。それまでにもドライヤーなど個別商品の販売は各国で行っていたが、美容家電「群」として位置づけ、本格的な展開を開始したのはこのときが初めてだ。

それから約1年。同群に含まれる商品の売り上げは前年の約2倍にまで増加。同地域に進出している他国の外資系メーカーも類似カテゴリーの商品を遅れて投入。競合ドラッグストアや雑貨屋など、異業種からの協業のオファーも増えている。

次ページ東南アジア展開は初めから決まっていた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。