パナソニックのアジア攻略、カギはバブル女性

東南アジアで”パナソニックビューティ”が人気

目覚ましい経済発展により中間層が急増する東南アジアで、手強い海外勢を牽引する日の丸家電がある。パナソニックの「Panasonic Beauty」、日本のカテゴリーでいうところの美容家電だ。
今まさにバブルを迎える同地域に、日系企業はどのように攻勢をかけていくべきなのか――。その地に着実に根付き、東南アジアの女性たちに受け入れられつつある同社の、進出の軌跡をたどる。

Panasonic Beautyは、パナソニックが2011年9月に展開を始めた美容家電ブランド。ドライヤーなどのヘアケア商品、保湿するためのスチーマーなどのフェイスケア商品、シェーバーなどのボディ・フットケア商品など。男性向けの美容家電シリーズ「Panasonic Beauty for MEN」もある。

同ブランドが東南アジアに投入されたのは、その2年後の昨年9月。対象はタイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポールの5カ国であった。それまでにもドライヤーなど個別商品の販売は各国で行っていたが、美容家電「群」として位置づけ、本格的な展開を開始したのはこのときが初めてだ。

それから約1年。同群に含まれる商品の売り上げは前年の約2倍にまで増加。同地域に進出している他国の外資系メーカーも類似カテゴリーの商品を遅れて投入。競合ドラッグストアや雑貨屋など、異業種からの協業のオファーも増えている。

次ページ東南アジア展開は初めから決まっていた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。