10代援交女子が「死にたい」から抜け出たワケ

「死に方教えます」DMを受け取った少女たち

なぜ若者たちは「死にたい」とつぶやくのでしょうか(写真 : Graphs / PIXTA)

「死に方教えます」

首都圏に住む18歳の専門学校生の女性が、そう書かれたダイレクトメッセージ(DM)を受け取ったのは3年前。中学3年のときだった。

「返事しなくて、よかった」

神奈川県座間市で9人の遺体が発見された事件を知ったとき、彼女は心底ゾッとしたという。

きっかけは当時、彼女がツイッター上に「死にたい」と書き込んだことだった。まるで座間の事件と同じだ。

「被害に遭った女性たちだけが特別ではなく、自分の身にも起きたかもしれない」と彼女は言う。ではなぜ、彼女は「死に方教えます」の誘いをかわすことができたのか。

家庭内不和で、小5でニコニコ動画に没頭

女性が小学生のころから、両親が不仲だった。息がつまりそうな時間を救ってくれたのは、小学5年生で出会ったニコニコ動画だ。無料会員だから見てるだけ。素人の若者の歌やおしゃべりを楽しんだ。

中学になると授業中も隠れて携帯をいじって視聴。家ではイヤホンを耳に突っ込み部屋に閉じこもった。両親が罵り合いを始めたらボリュームアップ。つらい日常を遮断してくれるツールだった。

家で孤独で寂しいから、学校でまで1人になりたくない。勉強もできて、自己主張が強いほうだったが、なるべく目立たないように、予定調和を乱さないように、友達付き合いを心がけた。

「でも、子どもなんで、つい正直に発言しちゃったんですね」

6年生のとき、女子グループの1人が買ったばかりだという財布を「めっちゃよくない?」と自慢してきたので、つい「ええ~、ダサくない?」と言ってしまった。

「はあ? ダサくないから」

言い返された次の休み時間に、早速避けられた。

次ページなるべく自我を出さないようにしていたが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT