サイゼリヤ、バイト女性「セクハラ」自殺の謎

彼女が遺した詳細な日記が示すのは…

取材に応じた実父は言った。「娘と同じ年頃の女性を見ると、急に涙が止まらなくなったりもするので、周囲からは危ない人に見えるかもしれません」(写真:写真部・小山幸佑)

アルバイト先のファミリーレストラン「サイゼリヤ」の正社員を目標に、懸命に働いていた20代の女性が、3年ほど前、自ら命を絶った。何があったのか。

「許せないという感情とは、少し違う。でも、サイゼリヤでアルバイトを始めなければ、娘は間違いなくいまも生きていたでしょう。警察署の霊安室で見た眠るような顔を、忘れることができません」

職人らしい節くれだった手も、まぶたも、唇も、時折震えていた。20代前半だった娘の自殺から間もなく3年。50代に差し掛かった父親は、睡眠導入剤なしに眠れなくなった。

サイゼリヤは、埼玉県吉川市に本社を置き、関東を中心に国内外に1300店舗以上のファミリーレストランを展開する外食チェーン。その関東エリアの店で働いていた女性が、2014年12月、自室のベランダで命を絶った。

娘の真実を伝えたい

15年7月、前出の実父と実母、実母の夫で亡くなった女性の養父にあたる男性は、サイゼリヤと女性が勤務していた店の副店長らを相手に、計約9800万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。訴状で、女性が、既婚者で上司だった副店長に望まぬ性交渉を何度も強いられ、関係解消を求めたものの、「一緒に死のう」などと持ち掛けられて動揺、その翌日にロープを購入し自死に至った、サイゼリヤは副店長のセクハラ防止措置を講じず放置した、などと主張している。

これまで遺族がメディアに直接心情を吐露することはなかったが、11月28日の証人尋問を前に、「娘の真実を知ってほしい」と実父が取材に応じた。

次ページ2つの家庭を行き来して
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT