10代援交女子が「死にたい」から抜け出たワケ

「死に方教えます」DMを受け取った少女たち

中学2年、13歳で援交生活が始まった。援助交際はよくないとわかってはいたが、ツイッターで男たちと出会うことで、何かを吐き出し自分を支えていたのかもしれない。

ツイッターで「今夜、A駅近くにいます」とつぶやくと、「会いたい」とDMがいっぱい舞い込んだ。中学生と書くと相手にしてもらえないから、年齢は「10代」とぼやかした。

「もともと純粋だったんですよ。処女は好きな人にあげたいって思っていた。それが知らない人になるなんて」

最初の相手は「40代半ばのおじさん」だった。

「そういうことの所作も知らないし。驚いたけど。乱暴? いえ、いえ、丁寧でしたよ」

彼女が「お仕事」と表現する援交は、17歳になる高校2年まで「カウントできないくらいやった」。月の収入は平均すると10数万円。1回6万円が最高額。2000円の人もいた。

「給料日がまだだからこんくらいしかあげられない。ごめんね」。そう言われると(しょうがねーな)と胸の中で毒づいたが、ニコニコしながら「全然大丈夫ですよ」と返した。

「そういうもんですよ(笑)。男の人は私の年齢とか聞かなかったですね。精力剤みたいな薬を飲んでいる人もいました」

「死にたい」と文字にすると、安らいだ

そうした中、中学3年のときに「死に方教えます」と書かれたDMが舞い込んだのだった。

「家がつらすぎて……。死にたいって何度も思った。ツイッターにも書きました。でも、それは別に誰かにかまってほしいわけじゃなかった。口に出せないから、書くだけ。発したいだけ。死にたいって、文字にすると、なんか安らいだんです」

かまってほしいわけじゃない。だから無視できたのかもしれない。

「何、これ?って。スルーしました。でも、もし行ったら、座間のような事件に巻き込まれたかもしれない」

彼女がサバイバルできたのはなぜか。1つは、彼女には生きづらさから「逃げる場所」が存在した。

次ページ1人で自分を支えきれなくなったら…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT