資産家からのプロポーズに彼女が怒ったワケ

読み切り小説:シェアリング・エコノミー

相乗りをさせてくれる相手が、思いもかけない美女だったら?(写真:miya227/PIXTA)
【キーワード】シェアリング・エコノミー

モノやサービスなどを利用する者が必要なときに必要な量だけを使うことができる仕組みで、通常はインターネットを通じてマッチングが行われるもののみを指す。具体的には自動車、住宅、高価な物品などがシェアされる。そのうちのカープールは一般ドライバーが出発地や目的地が同じ者をガソリン代等の実費を負担させて同乗させる仕組みで、アメリカ西海岸で高速道路にHOV(High-Occupancy Vehiclesの略)レーン、すなわち2人以上乗っている自動車のみが走行できる優先車線が設置されたことなどにより普及した。

【この小説のあらすじ】

各種シェアリング・サービスを利用する百貨店店員のメイ。望みは一刻も早く金持ちの男をつかまえ生活の苦境を脱すること。カツタは悠々自適の資産家で、とあることからカープールを利用し、メイと出会った。カツタは一目でメイに引かれ、なんとしてでも彼女の心をつかもうとする。カツタはメイに結婚を申し込み、メイは承諾しかけたのだが……。

衣類はすべて妹とシェアリング

椎名メイは新宿京勢屋百貨店の紳士服売り場の店員である。年齢は28。何百人といる女性店員のなかでもずば抜けて美しく、客の男たちはみな、採寸のために彼女に身を委ねるとき、彼女の明るい眸(ひとみ)と皓歯(こうし)を見て楊貴妃を思い浮かべ、ふまじめな顔を見られまいと思って目を伏せれば、彼女が柳のごとく細くたおやかな趙飛燕(ちょうひえん)のような腰の持ち主であると知り、強い理性で垂涎をこらえなくてはならないのだった。

4日連続でお届けするこの連載の一覧はこちら

店の中であれ、外であれ、メイの前には男たちが列をなした。が、彼女は決まって冷めた笑顔でそれを受け流す。とはいえ男たちを見ていないわけではない。むしろ、空中を旋回するワシのように眼光鋭く地上を観察しているのだが、急降下して爪にかけるべき獲物が現れないのだ。

メイの年収は300万円に遠く及ばない。京勢屋百貨店は、オンライン・ショッピングの普及により売り上げを大きく落とし、ワーク・シェアリングの導入により苦境を乗り切ることとした。このために彼女の収入は大きく減ったのだ。早くに両親を亡くし、大学に通う妹を養っている彼女は生活費を大幅に切り詰めなければならなくなった。

東京西郊外のシェアハウスに引っ越して住居費を削り、ランチは家で作った弁当を職場に持っていって食費を抑え、衣類はすべて妹と共用、日用品も歯ブラシ以外のすべてを妹と一緒に使っている。

次ページここから連れ出してほしい!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。