「人間は偉大」と考えれば不祥事など起きない

経営者は「人間とは何か」を考えよう

社員を貫く「人間としての根本的本質」(写真:muu / PIXTA)

経営を考えるとき、まずは「人間」とは何かを考えなければならないことは、案外、論じる人が少ないように思います。しかし、会社など組織の長たる指導者、あるいは社長という立場の人は、マネジメントや経営戦略などの知識に、もちろん精通していることも必要ですが、究極、人間とは何か、人間の本質とは何かということに思いを巡らし、自分なりの人間観を構築しておくべきだと思います。

この連載の一覧はこちら

会社は、多かれ少なかれ、社員を雇用し、社員に活躍してもらう場です。その社員は、「人間」。個々の社員の特徴、特質で、それぞれの社員を配置し、その成果を期待するということになりますが、やはり、個々の特質、性格、得意だけを考えるだけではなく、それぞれの社員を貫く「人間としての根本的本質」を把握し、そのうえで、それぞれの社員の特質を考えることが大切ではないでしょうか。

どのような人間観を構築すべきか

では、どのような人間観を構築すべきか。それは、それぞれの長たる社長なり、指導者なりが考えることですが、申し上げておきたいことは、なにも学問的な形で構築する必要はありません。いくら、客観的であっても、哲学的であっても、その人間観によって、社員がやる気をなくし、会社が衰退するようなことであれば、そのような人間観は、百害あって一利なしということになります。

おおよそ、人間とは何かというような定義は、それぞれの哲学者や識者、論者によってさまざまで、これが絶対的に正解だというものはありません。絶対的正解がないというのなら、社長たる者、指導者たる者は、会社が発展するような、社員がやる気を起こすような、社会全体が明るくなるような、自分なりの人間観を構築すればいいのです。

その人間観に基づいて社員の特質や性質、特徴を活用する。そのうえで、実践哲学を感じさせる「哲人経営者」が求められると思います。筆者は2045年の技術的特異点(technological singularity)を通過した後には「哲人経営者」の時代がやってくると思います。

次ページ人間を一方の角度から見るのを止める
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT