稲盛和夫氏を奮起させた「松下幸之助の言葉」

「念ずれば花開く」には深い意味がある

稲盛和夫氏が体に電流が走るような衝撃を受けた松下幸之助の言葉とは?(2013年撮影:今井康一)

坂村真民という仏教詩人の「念ずれば花開く」は全国に、世界にまで、その碑が建てられているほどの有名な言葉です。

この連載の一覧はこちら

それでは念ずるだけで花は開くのかといえば、そうではありません。神社仏閣に行って祈り念じたら、その念じたとおりに事が成就するのかといえば、そうではありません。合格祈願したから合格するのであれば予備校も要りませんし、受験勉強もしなくていいでしょう。この「念ずれば」という言葉は、つまり一様の言葉ではないのです。

経営も強く念ずることが大事

ただ念ずるだけ、ただ神社仏閣で手を合わせるということだけではなく、強く強く念ずること、強烈に念じ念ずることということを意味しています。強くに念ずることで初めて為すべき知恵が生まれ行動すべきことや努力すべきことがわかってくるのです。

その行動が事を成就させることなのです。ですから、「念ずれば花開く」を丁寧に言えば、「念じ念じて、行動し努力すれば、花開く」ということになるかもしれません。

経営を成功させるためにも、まず「この事業をなんとしても成功させよう」と強く願い念ずるところから出発することが大事です。そういう、強烈に念じ念ずるところから、さまざまな経営の知恵が生まれます。ただ、やってみよう面白そうだ、なんとかなるだろう程度では、経営は成功しない。極端に言えば、人生-経営=ゼロという覚悟、それほどの念じ念ずる心、そこから生み出される努力が求められるのが経営だということです。

次ページ社長たる者は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。