「ホテル」でバレる!残念な宿泊者の3大欠点

「すべて私物化」「横暴すぎる」あなたはOK?

ホテルで繰り返し使用される備品の持ち帰りは、犯罪行為です(写真:MalkovKosta / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏が「仕事のIQの高め方」について書き下ろした『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。

本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

チップにもケチをつける「二流のホテル宿泊者」

グローバルエリートファンの読者の皆さま、お待たせしました! 待望の「ムーギー・キムのグローバルメールマガジン」が、ついに創刊しました。サンプルは無料でお読みいただくことができます。詳細はこちら

「うおおーん! なんで5つ星のホテルやのに歯ブラシセットがないねん!! カミソリもないし、何にもあらへん! こんなんやったらタオルを持って帰って復讐したる!!」

世の中には、ホテルに宿泊した途端、「一流の真価」が問われて、恥ずべき欠点が暴露されてしまう残念な人たちが存在する

ホテルのスタッフに横柄な態度を取るが、5つ星ホテルで油断していたら歯ブラシもひげそりも用意されていなくて困ってしまっている二流の宿泊者たち。

「荷物を運ぶ」と言われても、チップを払うのが悔しいから「いいえ、自分で持ちます!!」と焦って自分の荷物を奪い返す「残念なチェックインタイム」に嘆息するのは、私だけではあるまい。

これに対し、一流の人物は「ホテルの泊まり方」も一流である。入室するときは、チップがベルボーイさんの収入源であることに思いを馳せつつ、多少荷物が軽くても部屋まで持ってきてもらう、一流の宿泊客っぷり。

ベルボーイさんが、友人のカバンの名札を見て「ミスタージョーンズ!」などと間違った名前を呼んできても、ピクリとも怒ったりはしない。「誰に対しても丁寧に接しているいい人である自分」に酔いしれることなく、巡航速度の自然体で、サービスを提供してくださる皆さんに十分な敬意をもって宿泊するのだ。

「学歴の高さやIQの高さ」と「立派にホテルに宿泊できるかどうか」は関係がない。世の中では、ホテルに泊まっただけで、その「人間性の神髄」や「仕事ができるかどうか」が一発でバレてしまう

それでは、ホテルに1泊しただけでバレてしまう、その人の「人格的欠陥」「人間的故障」とはどのようなものなのだろうか? 早速、紹介していこう。

次ページチェックアウトは「12時まで」ですが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。