「ホテル」でバレる!残念な宿泊者の3大欠点

「すべて私物化」「横暴すぎる」あなたはOK?

最後に、ホテルに泊まった途端バレてしまうのが、なんといっても「なんでも持って帰る」貧乏根性であろう。

「ホテルのモノ=俺のモノ」という考えは”窃盗”

【3】部屋の物を「なんでも持ち帰る」ことでバレる

洗面台に置いてある、歯ブラシやひげそり、シャンプーにせっけんといったアメニティグッズを根こそぎ持って帰るのは、「残念な二流の宿泊者たち」の基本形である。

なかにはタオル類を持ち帰ったり、悪質な場合は室内のガウンまで持ち帰ったりする人がいるが、これは立派に”窃盗”である。哀れにも「三流に転落している宿泊客」の場合は、室内のスリッパやハンガーまでも、とにかく何でもかんでも持って帰るという「もはや立派な泥棒」に転落してしまっているのだ。

そして、このような「なんでも持って帰る根性」は、その人の家に招かれたときに見事にバレてしまう。

自宅の洗面台には、ホテルのロゴが入ったアメニティグッズが置いてあったり、タオルかけには、あらゆるホテルのロゴマークが入っているタオルが堂々とかかっていたりと、その人の「ホテルの盗掘者たる本性」がバレてしまうものなのだ。

ホテルを利用するのはいいが、「なんでもかんでも持って帰るのは二流の宿泊者、下手したら泥棒」であることを、つとに自覚しなければならない。

次ページでは、「一流のホテル宿泊者」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT