「仕事が楽しい!」と思う人がやっていること

仕事を実りあるものに変える努力をしよう

とにかく冒険のための一歩を踏み出してみよう(写真:マハロ / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

新卒で就活中です。SE(上流)・ITコンサル・ゲームプランナーあたりを志望していたはずですが、やる気が出ません。去年も就職活動をしていたのですが、内定を辞退して今もやる気が出ません。
留年しているということもあり、働いている知り合いもいるのですが、死にそうに見えます。就活をしていると、地方公務員とか、メーカーのルート営業はホワイトっぽいイメージがあります。ただその地方公務員やルート営業をやってる人間ですら「辞めたい、転職したい」とぼやいているのを見ると、働きたくないと思うばかりです。
こう言うと、じゃあ働かなければ?と言われそうなのですが、それもやはり抵抗感があります。
しかし、考えれば考えるほど、働きたくなくなってきます。
働くこと自体と、目下の就活に対して何かやる気が出るようなアドバイスをいただければ幸いです。やる気なんか自分で出すか、カウンセラー、心療内科にでも行けという話だとは思うのですが、どうかお願いします。
学生 木村

実際にやってみると、「その次」が見えてくる

この連載の記事一覧はこちら

イメージ先行の思考をやめて、実際にやってみること、これに尽きるでしょう。仕事も人生もそうですが、新しい経験を実際にどんどんしていくことで、今までと異なる風景が見えるようになり、その結果として「その次」が見えてくるものです。

木村さんは内定を去年もらっていたという話ですから、まったくもって仕事の入り口にも立てない状態ではないわけでしょう。ですから、あとはいかにして一歩前に踏み出すかだけですね。

次ページ仕事を楽しみながらやっている人
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。