「仕事が楽しい!」と思う人がやっていること

仕事を実りあるものに変える努力をしよう

とにかく冒険のための一歩を踏み出してみよう(写真:マハロ / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

新卒で就活中です。SE(上流)・ITコンサル・ゲームプランナーあたりを志望していたはずですが、やる気が出ません。去年も就職活動をしていたのですが、内定を辞退して今もやる気が出ません。
留年しているということもあり、働いている知り合いもいるのですが、死にそうに見えます。就活をしていると、地方公務員とか、メーカーのルート営業はホワイトっぽいイメージがあります。ただその地方公務員やルート営業をやってる人間ですら「辞めたい、転職したい」とぼやいているのを見ると、働きたくないと思うばかりです。
こう言うと、じゃあ働かなければ?と言われそうなのですが、それもやはり抵抗感があります。
しかし、考えれば考えるほど、働きたくなくなってきます。
働くこと自体と、目下の就活に対して何かやる気が出るようなアドバイスをいただければ幸いです。やる気なんか自分で出すか、カウンセラー、心療内科にでも行けという話だとは思うのですが、どうかお願いします。
学生 木村

実際にやってみると、「その次」が見えてくる

この連載の記事一覧はこちら

イメージ先行の思考をやめて、実際にやってみること、これに尽きるでしょう。仕事も人生もそうですが、新しい経験を実際にどんどんしていくことで、今までと異なる風景が見えるようになり、その結果として「その次」が見えてくるものです。

木村さんは内定を去年もらっていたという話ですから、まったくもって仕事の入り口にも立てない状態ではないわけでしょう。ですから、あとはいかにして一歩前に踏み出すかだけですね。

次ページ仕事を楽しみながらやっている人
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。