格差を騒ぎ立てるメディアに違和感しかない

すき家の小川賢太郎氏が語る「日本の問題点」

国民生活産業・消費者団体連合会の小川賢太郎会長の主張とは?(筆者撮影)
スーパー、百貨店、外食などの流通サービス業、食品メーカー、消費者団体など551の企業・団体で構成する国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)が10月22日の衆議院選挙に向け、「財政・予算制度改革についての提言」を各党に示した。生団連会長でゼンショーホールディングス会長兼社長の小川賢太郎氏にその狙いを聞いた。

 

――提言は「税金のムダ遣いへの監視、分析の強化」を求めています。

為政者はつねに「1000兆円の借金を抱えて大変だ。増税しなくては」と言っている。増税そのものに反対するわけではないが、主権者である国民の視点からは税金がどう使われているのか、ちっともわからない。増税が必要だというのなら、税金の使われ方をしっかり「見える化」したうえで、それを土台に国民的な議論をすべきだろう。2012年の自民党、公明党、民主党(当時)による3党合意では「消費税率10%までの増税と社会保障の一体改革」で合意したわけだが、いつのまにか「増税ありき」になっており、国民に選択肢がなかった。

「社会保障の一体改革」もどこかへ行ってしまった感がある。「消費税を10%にすれば、社会保障がきちんと機能する」というのなら、国民も納得すると思うが、今のままでは増税しても、社会保障がどうなるかわからない。

国も民間と同様の会計原則を入れるべき

――「財政法を改正して財政責任法とし、独立財政機関を設立せよ」とも訴えています。

現在の財政法には肝心の「目的」がない。欧州諸国のように3~4年の中期で財政目標を明確に示し、その達成度合いを年に2度は開示すべきだ。われわれ、民間企業は四半期に一度、貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)を開示している。民間に開示を求めるなら、国も開示すべきではないか。

そもそも国の会計は「大福帳」で、BSにもPLにもなっていない。これでは国民に、税金がどう使われているかを示すことができない。財政の透明性を実現するつもりがあるなら、民間と同じ会計原則を入れるべきだ。

年に2度の「決算」を評価するのが「独立財政機関」だ。公共政策の専門家、民間企業の経営者なども入れて国会内に設置し、独立の立場で検証をする。現状国会の予算委員会では予算について専門的かつ緻密な議論が行われているようには見えない。

次ページメディアの論調に強烈な違和感
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。