生命保険に関する「困った質問」とは何か

「ありもしない正解」を求めている?

まず、老後が何年続くのか想像してみます。余命は、長めに90歳まであるとして、65歳まで働くことにすると、リタイア後の人生は25年、月数に換算すると300カ月です。

ローンなしで、旅行や社交にもほとんど興味がないため、毎月15万円もあれば暮らしていけると思います。

すると総額4500万円です。自営業で退職金はゼロですから、主な資金源は「公的年金」です。その額は日本年金機構の「ねんきんネット」に登録しておくと、試算できます。筆者の場合、65歳以降、月額約11万円、25年では3300万円です。

ほかに、「確定拠出年金」があります。60歳時点での積立額は700万円くらいになる見込みです。公的年金の総額と合わせて約4000万円、すると不足分は500万円、300カ月で割ると1万7000円弱です。

しかし、悲観してはいません。確定拠出年金を65歳から毎月4万円取り崩すと、14年半くらい、公的年金11万円と合わせて15万円が確保できます。その間には、妻も年金受給者になる見込みです。2人分の年金があれば、将来、住居のメンテナンス費などが、重く感じられる時期があっても、持ちこたえられそうに思っています。

もちろん、公的年金の受給開始年齢が70歳くらいになり、給付額が減額される可能性も考えられます。税金や社会保険料負担は大きくなっているかもしれません。

とはいえ、どのみち、さまざまな変数はつきもので、あらゆる不確実性を反映した対応は無理なのです。「先が見えない」と不安になるより「老後を想像していられるのは、今日、明日の暮らしに困っていない証拠」と受け止め、仕事を細く長く続けられるように努力することにします。

大切なのは、具体的に試算すること

いずれにしても、大切なのは、具体的に試算することでしょう。変数の多さを考えると、緻密にやる必要はないと思います。少なくとも筆者の場合、至極簡単な試算をしただけで、「漠然とした不安」のようなものはなくなりました。自分と向き合わないままでは、何も始まらないのではないでしょうか。

3つの困った質問は、どれも「おカネは大切だ」と考えるがゆえに、繰り返されるのだと思います。そうであれば、迷うことはありません。「おカネが増えやすいのか、減りやすいのか」を判断の軸にしたらいいのです。

保険は、おカネが減りやすい仕組みなので、利用を最小限にとどめます。「お得な保険」や「解約後の後悔の念」を想像することも、人の感情としては理解できます。だからこそ、原則を重視するのです。

そして、自分の人生で必要になるおカネの額については、自分の試算を基にします。金融機関が提供する情報などは、他人の(大事な)おカネを動かしたがっている時点で、「彼らのおカネが増えやすい(その分、こちらのおカネが減りやすい)話につながるのではないか」と疑うことにするわけです。

保険以外の分野でも応用が利きそうな気がしますが、いかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT