「AI」は人間を採用することができるのか

企業は採用根拠の「可視化」を目指している

人工知能(AI)が人間に替わって採用を決める時代が来るのだろうか(写真:Elnur / PIXTA)

人工知能(AI)によるエントリーシート分析など、新卒採用領域でも「HR Tech」への関心が高まっています(「HR Tech」は、“HR(Human Resource)× Technology”を意味する造語。AIをはじめとした最先端のIT関連技術を人事関連業務に活用すること)。

リクルートグループはこの分野で10年近く研究を重ね、機械学習やビッグデータを用いた採用支援サービスの開発に取り組んできました。「いかにして求める人材を確実に効率的に採用するか」という、各社の長年の課題を解決するために、私たちがどのような取り組みをしてきたのか、その歴史と今後の展望を紹介します。

求める人材像を言語化して定義する

企業は求める人材を高い確度で効率的に採用したい。しかし、多くの企業が「求める人材像を言語化できない」「学生に直接会わないと求める人材に合致するかどうかわからない」、という悩みを抱えていました。私たちはまずこうした現状について、AIを使って打破したいと考えました。

もし企業が求める人材像を言語化して定義できれば、直接会う前に求める人材像に合致する学生がわかり、対象となる人に優先的・選択的にアプローチできる。こうした状況を作り、確度・効率について改善の糸口とすることを目指しました。

そうやって研究を重ねて生み出したのが、2012年卒向けサービスから取り入れた、「R-SPICE(アール・スパイス)」というリクルート独自のメソッドです。SPICEとは「SPI」+「CE(コミュニケーション・エンジニアリング)」。「企業の『求める人材』の要件の明確化」「学生の志向の測定」という、これら2つのデータを基にしたマッチング技術で成り立つものでした。

では具体的に、企業の求める人材要件を、どのように明確化するのか。まず、求める人材として各企業が重視することを、企業の事業戦略や活躍している社員の行動特性、これまで採用した社員のSPIの結果などを基に、定義していったのです。

次ページ採用成果の数値化が難しい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。