最新版!「業界別」就職人気企業ランキング

商社は伊藤忠、流通はイオンが1位

商社で1位になったのは伊藤忠商事。本社に掲げられているコーポレートメッセージは、採用の場でも重要なキーワードとして使われていた (撮影:今井康一)

就職活動での人気業種といえば、最近では、金融業界や旅行業界、メーカーなら食品業界、といったあたりが人気だ。では、その業種ごとの中で、就活生はどのような企業に注目しているのか――。

当欄の8月22日配信記事で「就活後半に選んだ『就職人気企業』トップ300」を紹介したが、今回はその結果を用いて、業界別のランキングを作成した。

金融は、みずほ、三菱東京、野村の順

ランキングデータは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしている。「就活後半」のランキングは、今年の4月~7月にかけて調査を実施し、業界研究や選考などを経て、”より現実的に”企業を見るようになった就活生のマインドを反映している。

業界別の順位に加えて総合順位も掲載しており、全体における人気度も確認することができるだろう。また、前半のランキングとの変化を見る参考として、前半順位に対し、その順位から上がっているか下がっているか、矢印で表記した。

結果を見ていこう。金融業界は、多くが総合順位の上位にランクインしており、総合トップ10に6社、50位までに14社が入っている。知名度が高く安定的な会社というイメージが強いこと、募集人員の多さから、学生の人気は引き続き高い。その中でのトップ3は、1位みずほフィナンシャルグループ(総合1位)、2位三菱東京UFJ銀行(総合3位)、3位野村證券(総合6位)という順番になっている。

次ページ昨年業界1位の電通は11位に低下
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。