大学4年の「秋就活」で理想の企業に入る方法

採用継続中の会社がこれだけ残っている理由

就活に行き詰まっているなら、キャリアセンターを積極的に活用してみよう(写真:Mills / PIXTA)

いよいよ2018年卒生の正式内定日である10月1日まであと約1カ月となりました。学生の内定率は79.1%(7月1日時点)に達し、就職活動を終了する学生、採用活動を終了する企業も増え始めています。周囲がそのような状況になっている中、現在も就活を続けている学生やその関係者は、焦りや不安を感じているのではないでしょうか。

しかし、今も採用活動を実施し、継続している企業は、まだ多く存在しています。それらの企業はなぜ、採用活動を実施・継続しているのでしょうか? 秋以降の就活で自分に合った企業に出会うためのポイントをお話しします。

採用予定人数に達していないケースも

今現在、採用活動を行っている企業は、大きく以下の3つのタイプに分けることができます。

①これから採用活動を始める企業

戦略として、夏から採用活動を始める企業です。多くの企業は3月から採用活動を始めますが、その時期は学生が多く応募する一方で、他企業と学生を取り合うことになり、効率が悪いのも事実です。

それよりも、自分のやりたいことについて一通り思考を巡らし、すでに自己理解や企業理解を深めた状態の学生を対象に採用活動をしたほうが、よほど効率がいい考える企業が、あえてこの時期から採用活動をスタートしています。

こうした傾向は、従業員規模300人程度までの企業によく見られます。また、「つらいときに励まし合える同期入社の仲間は大事。だから必ず、2人以上を採用する」と、社員にきめ細かな配慮をする企業も多いです。

次ページ入社後のギャップをなくしたい
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。