就活生が選ぶ「印象がよい説明会」ランキング

文系1位みずほFG、理系1位パナソニック

理系で1位になったパナソニック。2018年に創業100周年となり、それを記念した家電シリーズを8月に発表した (撮影:風間仁一郎)

就職活動では、説明会・セミナーに参加することから、企業とのコンタクトが始まる。ここでの印象が就活に大きな影響を与えるといっても過言ではない。

8月24日の配信記事「学生が選ぶ『社員が好印象な会社』ランキング」では、就活を通して、社員の印象がよかった会社を取り上げた。今回は、説明会やセミナーを通して、学生がどんな企業によい印象を持ったかを調べてみた。

好印象なのはメガバンクやエアライン

HR総研が今年6月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で2018年卒業予定の就活生を対象に行った調査結果だ。まず、説明会への参加社数を平均すると、文系学生は20社近く、理系学生は10数社にのぼる。

今回の調査ではその中から1社のみを選んでもらっている。つまりもっとも強い印象を持った企業が調査結果に表れているわけだ。調査結果を見てみよう。

まず文系ランキングは、1位みずほフィナンシャルグループ、2位日本航空(JAL)、3位損害保険ジャパン日本興亜、以下、4位東京海上日動火災保険、同三菱東京UFJ銀行、6位JTBグループ、7位三菱UFJ信託銀行、同三井住友海上火災保険、9位ジェーシービー、10位りそなグループという順位になっている。

目立つのは銀行だ。11位の三井住友銀行を入れると、りそなを含む4大銀行がすべて上位に顔を出している。三菱UFJ信託銀行も7位と健闘している。なかでも目立つのは文系1位のみずほフィナンシャルグループである。他の銀行は理系ランキングでは名前がないが、みずほは理系でも25位にもランクインしている。

なぜ支持が多いのか、コメントから見てみよう。

次ページ会社説明会の印象がよい会社ランキング・文系
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT