「かわいげのない人」に100年人生は辛すぎる

予防医学者が教える「幸せな年の取り方」

ちなみにある世界的なインターネット企業では現在、これから社員が健康に生きるための3大スキルとして、「Cook」「Move」「Sleep」を挙げています。プログラミングや統計より、料理すること、体を動かすこと、寝ることを重要なプログラムとして位置づけているのです。

男性のほうが凝り性ですから、料理の腕もどんどん上達する可能性が高い。料理は突き詰めると本当に難しいし、だからこそ面白い。学ぶことも多い。

コミュニティの1つに料理教室を選んでもいいでしょう。若い女性に交じって料理を教わるのも1つの手です。上手にできるようになれば、おいしい料理を目当てに孫が遊びに来てくれるようにもなります。

50歳からの「学び、遊び、働く」というバランスと、3つのコミュニティに属することを考えたとき、男性と女性とでは“つながり”の持ち方が異なる点も留意したほうがいいかもしれません。女性はおしゃべりでつながるけれど、男性は行為を通してつながるという研究があります。

黙って同じ作業をしていく中で絆が深まるのが男です。お互いのことは話さなくてもいい。だから目の前にお茶とお菓子があっても困るんですね。語らずともわかり合えるのが男の友情、語り尽くしても足りないのが女の友情というわけです。

常識は20年スパンで変わっていく

また、今私たちが持っている倫理観や価値観は、比較的最近になって形作られたものです。常識は20年くらいのスパンで変わる。

たとえば20年前、「悪い女」として語られるのはどんな女性だったか。1991年に講談社から創刊された『FRaU』という女性誌があるのですが、創刊号の特集は「悪女かもしれない」です。そこで描かれている女性は、仕事をバリバリこなして、夜はお酒を飲み歩いて、週末には海外旅行に出かける。今となっては普通ですよね。ここで学ぶべきは、常識はすぐ変わるということです。

ファイナンシャルプランの話をするなら、「生涯で最も大きい買い物=家」という価値観も変わっていくでしょう。起業家の孫泰蔵さんが「Living anywere」とうたっているように、持ち家幻想は捨てるべきだと私も考えています。これからは半定住、半移動のライフスタイルになっていく。

「良い暮らし」のイメージとして、多くの人が持つのは、良い家、良い家具、良いソファと良いテレビ。しかし家の中心にテレビが鎮座している「良い暮らし」の常識を疑ってみるべきです。家の中心はキッチンでいい。住宅は支出の中でも最も大きいわけですから、それをもう一度見直したほうがいいというのが、人生100年時代のファイナンシャルプランのポイントです。

次ページ冬の時代を乗り越えるには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT