「かわいげのない人」に100年人生は辛すぎる

予防医学者が教える「幸せな年の取り方」

もう1つ、自分の100年人生をトータルで考えたとき、黄金期をどこに持っていくかを考えるのも大切です。私自身は、60~75歳までの15年間だと思っています。春や夏の時期に人生の黄金期を迎えてしまうと、その後の人生がつらいですよね。思い出にすがって生きることになってしまいます。それよりも、人生終わりよければすべてよし。学生時代も社会人時代もパッとしなかったけれど、秋の後半に輝けばいい。それができた人の人生はとてもハッピーです。

予防医学の観点から言えば、長寿の秘訣は「禁煙、減塩、人の縁」。ただし、これだけでは生きる指針にならないんですよね。何のための長寿なのか、なぜ健康を維持しなければならないのか、こうした問いに答えていないからです。それよりむしろ、自分の黄金期はこれからだと考えたほうが、健康への動機付けとしては大きい。

いずれにせよ、寿命が延びるというのは、人生の黄金期を少し後に延ばすことなのだと思います。40代50代のビジネスマンも、これから待ち受ける長寿を憂うより、来るべき人生の黄金期をどう迎えるか、そこに向けて自分はどんな道を進めばいいか、働き方をシフトしながら模索する必要がある。人生のピークがこの先にあると思えば、気持ちも前向きになり、それがまた健康にもつながっていきます。

定年後のビジネスマンは家の中で自立せよ

こうした試行錯誤は、実は女性がずっとやってきていました。50歳くらいになると子供が社会人となり、「母親定年」を迎えます。それが自分の人生を見つめ直すきっかけとなり、10年ほど試行錯誤して、60歳から超元気(笑)。

そもそも「人の縁」という“つながり”を作るのは女性のほうが得意ですから、複数のコミュニティに属し、自分のやりたいことを見つけ、人生を謳歌する、まさに黄金期です。そこに夫が定年退職してずっと家にいるとなると、本当に憂鬱になるんですよね。

私は最近、企業に呼ばれてライフプランニングの話をするのですが、「定年したら奥さん孝行をしたい」という男性が少なくありません。具体的には一緒に映画を見に行ったり、旅行したり。

とんでもない勘違いです。本当の奥さん孝行とは、台所から解放してあげることです。つまり定年退職した男性は、家の中で自立することが求められます。まずは料理を覚えること。みそ汁くらいは自分で作れるようになりましょう。ご飯とみそ汁と納豆があれば、日本人は生きていけますから。

次ページ健康に生きるために必要な3大スキル
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT