「かわいげのない人」に100年人生は辛すぎる

予防医学者が教える「幸せな年の取り方」

1人で走り抜けるには、「100年人生」はあまりに長い(写真:tkc-taka / PIXTA)
ベストセラー『ライフ・シフト』で提唱された「人生100年時代」では、心身の健康という無形資産が重要になる。では実際、私たちはどのように生き方をシフトしていけばいいのか。
予防医学者として、ビジネスパーソンの健康や豊かな生き方についてアドバイスを行っている石川善樹氏に、日本人のための人生戦略を語っていただいた。

50歳になったらギアチェンジを

『ライフ・シフト』は20万部のベストセラーとなっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

あなたは何歳まで生きると思いますか。その問いに、男女問わず多くの人が「80歳くらい」と答えます。その先をイメージできないからでしょう。しかしご存じのとおり、すでに日本の平均寿命は男女共に80歳を超えています。『ライフ・シフト』のリンダ・グラットンさんが指摘するように、人生100年時代の到来が大前提。私はこれからの100年人生を25年ずつ、春夏秋冬に分けて考えています。

0~25歳までは春。肉体的成長の時期です。26~50歳までは夏、精神的に成長する時期。50~75歳は秋で、衰退的成熟の時期に入ります。76~100歳は冬、機能的喪失の時代。こうして人生をトータルでとらえると、少し意識も変わってくるのではないでしょうか。

このうち25~75歳、つまり夏と秋の50年間は働く時期に位置づけられますが、前半と後半では力の入れ方を変える必要があります。夏の期間は仕事や子育てに全力を打ち込む時期ですから、働く一辺倒でも良いと思います。ただし50歳を過ぎたらギアチェンジする必要がある。「よく学び、よく遊び、よく働く」というバランスが大事。

今までは60歳で定年を迎えるまで働いて、そのおカネで家族を扶養し、また自分の老後も扶養していくことができました。これは、いわば「ライスワーク」です。食べていくための仕事。80年の人生ならそれでいいですが、100歳までとなるとちょっともたない。したがって秋の時期からは「ライスワーク」ではなく、「ライフワーク」を意識する。言い方を変えれば、76歳以降の冬の時代を迎えるために、50歳から準備を始めるということです。

次ページ3つのコミュニティに属する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT