ディズニーランドでバレる「残念な人」の末路

「並びすぎ」「マニアすぎ」…あなたは大丈夫?

ディズニーランドに来た途端バレてしまうのが、「並んでばかりの自分」に疑問を抱かない「受け身の姿勢」である。

指標が異なるUSJとは比較しても意味がない

【1】列に並んだだけで満足している
『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

せっかくの休日に遠くからやってきて、大人なら1人7000円以上もする高価なチケットを買ってやっと訪れた「夢の国」。

しかし、この「夢の国」はたいていの場合、乗り物も食事も、何から何まで並ばなければならず、下手したら苦行の一歩手前になっていることも少なくない。

パレードを見るために並び、ミッキーマウスが現れたかと思いきや、人混みに埋もれて前の人の後頭部しか見えないという「悲惨な休日」に転落している人々。

「2時間並んで、乗車時間はわずか数分」という乗り物のために並び、ポップコーンひとつ買うのにも長蛇の列、食事をするにも長蛇の列……。

せっかくの休日に高いおカネを出して行っているのに、これだけ並びまくったわりに「リターン・オン・待ち時間」が低すぎることに内心、気づいているのは私だけではないだろう。

【2】得意げにUSJと比べる

次に、ディズニーランドに来た途端、二流に転落する人たちの特徴が、むやみやたらとUSJと比べて、悦に入る人たちだ。

「USJはもっと面白く新しいことを何でも取り入れている」「USJのほうが、ごはんがおいしい、キャストさんが生き生きしている」などと、ことあるごとにUSJと比較して、ディズニーランドを批判する二流の来園者たち。

しかし、客数や売り上げでディズニーランドがUSJに負けていても、それはそもそも「比較する指標」が間違っていることに、二流の来園者たちは気づかないのだろうか?

次ページそもそも「USJ」とは何が違う?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT