あきらめない平成起業家の世界を変える"旅"

新世代リーダー trippiece CEO 石田 言行

年間1000万人を旅に出す

目標は、年間で1000万人を旅に出せるようにすること。海外向け事業拡大へのステップとしては、まず「インバウンド」、つまり日本を訪れる旅行者をターゲットにしたサービスを視野に入れる。「東京のような世界有数の大都市があれば、京都のような古都もある。治安もいいし、ご飯もおいしい。日本への旅行需要はもっとあると確信しています」と石田は声を弾ませる。

観光庁からも声がかかり、現在は酒造向けのツーリズム振興のプロジェクトにかかわる。これは「海外のスタートアップにはできないこと。自分らしいサービス、という意味では、誰にも負ける気はしないですね」。

「休む暇はありませんが、時々、旅に出ることのできる今の生活は楽しい」。そう話す石田は屈託のない笑顔を見せる。まず何より石田自身が大の旅好きであり、心から楽しんでいる。そんな気持ちがトリッピースというサービスにもにじみ出ている。ソーシャル全盛の今を象徴する若き起業家の旅路は、地平線の向こうまで雄大に広がっている。(敬称略)

(撮影:尾形 文繁)
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT