資金逃避先から、投機対象に変わった日本

円安と株高は、国際的投機によって生じた

このように、株式への投資が増える反面で、債券への投資は頭打ちないしは減少傾向を示す。つまり、日本に対する投資の性格が、それまでの「リスクオフ」の投資から、リスクのある投資に変わったのだ。

投機主体の立場から見れば、収益率の高い対象があれば、もちろん望ましい。安倍内閣の金融緩和アピールは、円安を通じた株価上昇を期待させ、したがって、短期的に高い収益率の投機の可能性を提供する。投機資金にとっては、千載一遇のチャンスであったに違いない。

投機で動いた為替レート

証券投資は、全体として見れば、月間1兆~2兆円の流入超過が続く。資金流入があれば円高になるはずだ。では、なぜ円安になったのか?

ちなみに、リーマンショック前も、証券投資は流入超過にもかかわらず円安になった。このことから、為替レートに、証券投資以外の要因が影響を与えていることが分かる。

国際収支項目で為替レートの動きに関連すると思われるのは、「誤差脱漏」だ。「誤差に意味がある」とするのは、奇妙な考えと思われるかもしれない。しかし、そうではない。

国際収支の誤差脱漏は、ランダムなものではない。以下に述べるように、一定の傾向を示しており、しかもその動きが為替レートの変動と強く相関している。しかも月間のネット取引額は数千億円と、かなり大きい。時には1兆円程度になり、証券投資のネット投資額に匹敵する。

これは、投機的な資金の動きを表すと解釈できる。円キャリー取引がケイマン諸島の金融センターなどを通じて、国際収支統計に捕捉されない形で行われている可能性が高い。

図ではっきりと分かるように、誤差脱漏は、リーマンショック直後に急激に流入に転じ、08年12月から09年2月にかけて、移動平均で見て月1.5兆円を超える流入になった。これは円キャリー取引の巻戻しを反映したものと考えられる。これが急激な円高の原因になったのだ。その後も流入が続いた。

次ページ誤差に意味がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。