秋の市場の波乱に備えた「日米密約説」とは?

米国の出口戦略は、チャイナリスクの行方次第

米国の株価は過去最高値を更新中。リーマンショックから間もなく5年、ようやく米国経済に回復の兆しが見えてきました。そして景気の回復とともに注目されるのが、FRB(米連邦準備制度理事会)が、いつ出口戦略に着手するのか、ということ。9月有力説がある一方で、一部からは「QE4ever」(Forever、量的緩和は永遠に)などと揶揄する声も聞こえてくるなか、出口戦略の行方はいかに?
FRBのバーナンキ議長は「引き際の美学」にこだわっているのだろうか(ロイター/アフロ)

米国の金融緩和は永遠に続く?

渋澤 先日、米国から議会のスタッフの視察団が来日してきてね、そのお世話をしていたんだけど、米国景気の現状はどうか聞いてみたんだ。最近、ようやく雇用も上向いてきたし、一部では金融緩和のペースを少し緩めるって話も出ているし、ちょっと気になるところでしょ。

中野 なんて言ってました?

渋澤 確かにリーマンショックがあった2008年に比べると良くなっているのは事実。ただ、ガッと勢い良く回復しているという実感はない。出口戦略については、「まだ当分はないんじゃない?」という意見もあった。QEは永遠に続くという皮肉で、QE4everなんて言葉も出ていたくらいだから(笑)。

中野 私はバーナンキFRB議長が出口シナリオを口にしたことで、うまくQE3のバブルの火を消したんじゃないかと評価していたんですが、出口シナリオはありませんか。なるほど。まあ、最近の米国景気を見ていると、良いが2で、悪いが1という感じですよね。上向きにはなっているけれども、はしゃぐほど良くはない。QE3をここで止める必要はないでしょう。

次ページ米国は絶好調にはほど遠いが、それが幸いしている
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT