東京五輪開催で、失われた20年に倍返しだ!

後ろ向きだった、日本人のマインドが変わる兆し

不動産会社といわれていたTBSが久々にドラマで大ヒット。とはいえ、半沢直樹に出てくる銀行マンのキャラは…

「倍返しだ!」というセリフが今年の流行語大賞候補と言われているドラマ「半沢直樹」。これを見て、理不尽な上司に対して溜飲を下げている金融関係者も多いはず。はたして、「草食投資隊」の3人は、このドラマをどう評価するのでしょうか。もちろん、見てますよね? ね?

半沢直樹に出てくる、バンカーの意識の低さ

中野  ということで、東京五輪の話題にもふれつつ、最終回(22日)が近づいてきたこともあり、金融の専門家である投資隊として「半沢直樹について語って」ということなのですが――。

藤野  見てない……。

渋澤   私も。

中野 ……。

渋澤 昨日ね、ある会食の場で私、「いじられキャラ」にされてしまって、そのとき「渋澤さん、半沢直樹に出演して、連中を締めてきてください」って言われたんだよ。

中野はぁ~? どういう意味ですか?

次ページ突然、テーマが半沢から五輪に!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。