東京五輪開催で、失われた20年に倍返しだ!

後ろ向きだった、日本人のマインドが変わる兆し

不動産会社といわれていたTBSが久々にドラマで大ヒット。とはいえ、半沢直樹に出てくる銀行マンのキャラは…

「倍返しだ!」というセリフが今年の流行語大賞候補と言われているドラマ「半沢直樹」。これを見て、理不尽な上司に対して溜飲を下げている金融関係者も多いはず。はたして、「草食投資隊」の3人は、このドラマをどう評価するのでしょうか。もちろん、見てますよね? ね?

半沢直樹に出てくる、バンカーの意識の低さ

中野  ということで、東京五輪の話題にもふれつつ、最終回(22日)が近づいてきたこともあり、金融の専門家である投資隊として「半沢直樹について語って」ということなのですが――。

藤野  見てない……。

渋澤   私も。

中野 ……。

渋澤 昨日ね、ある会食の場で私、「いじられキャラ」にされてしまって、そのとき「渋澤さん、半沢直樹に出演して、連中を締めてきてください」って言われたんだよ。

中野はぁ~? どういう意味ですか?

次ページ突然、テーマが半沢から五輪に!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT