東京五輪開催で、失われた20年に倍返しだ!

後ろ向きだった、日本人のマインドが変わる兆し

不動産会社といわれていたTBSが久々にドラマで大ヒット。とはいえ、半沢直樹に出てくる銀行マンのキャラは…

「倍返しだ!」というセリフが今年の流行語大賞候補と言われているドラマ「半沢直樹」。これを見て、理不尽な上司に対して溜飲を下げている金融関係者も多いはず。はたして、「草食投資隊」の3人は、このドラマをどう評価するのでしょうか。もちろん、見てますよね? ね?

半沢直樹に出てくる、バンカーの意識の低さ

中野  ということで、東京五輪の話題にもふれつつ、最終回(22日)が近づいてきたこともあり、金融の専門家である投資隊として「半沢直樹について語って」ということなのですが――。

藤野  見てない……。

渋澤   私も。

中野 ……。

渋澤 昨日ね、ある会食の場で私、「いじられキャラ」にされてしまって、そのとき「渋澤さん、半沢直樹に出演して、連中を締めてきてください」って言われたんだよ。

中野はぁ~? どういう意味ですか?

次ページ突然、テーマが半沢から五輪に!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。