部下を潰す上司は「叱り方」を理解していない

「叱る基準のない人」は信用されない

「深刻な表情のまま『もういいですから帰ってください……』という暗い雰囲気でこの時間を終わらせると、相手は注意を受けたことを引きずったまま過ごすことになってしまいます。この件はこの時間で終わりにします、という気持ちを表現するために笑顔で送り出して、少しでも心の負担を軽くするように努めています」

終わりよければすべてよし

機長の猿棒も「指摘は短く!」をモットーにしています。

『人もチームもすぐ動く ANAの教え方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「本当は役に立つ話だったとしても、だらだらと長いだけで相手は聞いてくれなくなりますよね。言いたいことは率直に、シンプルに、短く。自分が嫌われたくないとか、余計な気持ちがあると言い訳を並べ立て、話が長くなってしまいがち。それでは逆効果です」

叱った後、気まずいからといって、おどけたり冗談を言ったり、下手に出る人がいますが、お互いの関係性を変えてしまうので、よくありません。上司の腕の見せ所だと思って、さくっと切り上げましょう。

「終わりよければすべてよし」。心を込めて叱るからこそ、最後の最後で悪い印象にならないよう、意識することが大切です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。