320万部「女性の品格」は、こうして生まれた

上司の「誘い水」が優秀な部下を育てる

坂東眞理子氏の著書『女性の品格』は320万部の大ベストセラーになった(撮影:梅谷秀司)

井戸の手押しポンプはいくらレバーを下げても水が出ないときがあります。これはポンプの中に水がなくなり、ピストンが乾燥して機能しなくなり揚水できなくなるからです。そのようなときにはバケツを使ってポンプの上から水を流し入れて管内を満たせば解決します。ピストンを膨張させることによって、水をくみ上げることができるのです。

こうしたことから、ポンプに「水を流し入れること」を「誘い水」、あるいは「呼び水」といいます。上司というものは、このような「誘い水」にも似た助言をできなければいけない、と私は思っています。

誘い水=適切なヒント

この連載の一覧はこちら

部下が壁にぶつかって悩んでいるとき、適切なヒントを出す。それによって、部下は「そういう方向で考えたらいいのか」「確かに上司のアイデアでやってみてもいいかもしれない」などと考える。そして、その先は部下が自主的に思案し、考案して仕事を完成させる。その「適切なヒント」が「誘い水」であり、上司たる者、その誘い水を出せなければいけないということです。

ヒントを出すこともせず、自分が部下に「誘い水」を向ける実力もないのに、ただ怒鳴りまくるとすれば、最低最悪の社長、上司と言わざるをえません。

そうであれば、答えを出したくなってしまうかもしれません。「そんなに悩んでいるならこうしなさい」「具体的にこういう結果を出しなさい」と言ってしまえば、すぐに解決するし、確かに手っ取り早い。

しかし、よほど急ぐ場合は別にして、部下を成長させることを優先するべきです。上司は、あえて「誘い水」でとどめておいたほうが、のちのち会社にとっても、なにより部下本人にとっても好ましいのです。その理由は明白です。答えを自分で考え出すことにより、「自分で考えること」、あるいは「自主自立の心構えが身に付くこと」になるからです。

次ページ松下幸之助の言葉
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT