320万部「女性の品格」は、こうして生まれた

上司の「誘い水」が優秀な部下を育てる

私はこの話をいろいろなところで話し、著書にも書いています。そのためご存じの方も多いと思いますが、松下幸之助さんからの強烈な「誘い水」は、「わしの言うとおりにやるのであれば、キミは要らん」というひと言だったのです。「自分の言うとおりにやれ」というのが普通だと思います。それを「自分の言うとおりにやるな」という。そこで私は、ハッと気がついた。そうか、松下さんの指示以上のことをやれ、やるように、ということがわかったのです。

そこから、私は、松下さんに一つひとつ確認しながら、PHP研究所における商品の多様化、事業の拡大を積極的に進め、それなりの成果を年々挙げることができました。その誘い水のひと言がなければ、相変わらず成長発展もせず、赤字経営を続けていただろうと思います。

釣り糸を固めてマットレスを製造

これは、部下との話ではありませんが、私は全国5カ所で、経営者塾を持っています。その中で、20年の歴史を持ち、現在150人の会員(卒塾生は延べ1000人を超えると思いますが)が参加している「壺中の会」がありますが、この会から、さまざまな著名な若い経営者が育ち、活躍しています。13年ほど前ですが、ひとりの会員が、伯父の経営する、釣り糸をつくっている赤字会社を引き受けることになりました。

すでに、父親の経営する会社の社長であったと思いますが、彼は「二足のわらじで大変ですよ」と言いつつ、「釣り糸では、これからはムリですね」と戸惑いながらの表情で、「どうすればいいのか、思案しているところですが」と言ってきました。そこで、私もよくわからないままに「釣り糸ではね。それよりも、その釣り糸を固めてなにか考えてみたら」と話をしたところ、やがて「固めるといういいヒントをいただき、ありがとうございました」と言いつつ、「実は、それでマットレスをつくることにしました」。

私も感心したのですが、私の何げない「固める」という話が、いわば「誘い水」になったのは、多分、確かなことだろうと思います。それからの成長発展は目覚ましいものがあります。その会社のマークは、ですから、釣り糸が固められたようなものになっています。

ずいぶん前の話ですが、アメリカのブラインドメーカーの営業責任者が、なかなかブラインドが売れずに悩んでいました。会社全体の業績も悪化するばかり。なにか手を打たなければと思いつつ、社長と話をしていると、社長が「うちはブラインドをつくっているけど、まあ、明るさを調節するということだよね。ブラインドではなく、明るさを調整するというものはほかにないだろうか」と言う。

そこで営業責任者は、いままでブラインド、ブラインドと、そのことばかり考えていましたが、その社長のひと言で「そうか、うちは明るさを調節することが本業なのだ」と思いつき、そこで社長に「これから、照明器具を製造することにしましょう」と提案。社長もこれを是として、ブラインドメーカーから照明器具会社に変身して、大きな成功を収めたということを聞いたことがあります。これもやはり、社長の「誘い水」があればこそということになるのではないでしょうか。

次ページPHP研究所時代にあったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。