長老が教える、心に「ためこまない」生き方

日々に役立つ、スリランカ仏教の智慧

また、しつこい悪感情に対しては、特に慈(慈しみ、友情)・悲(他の生命を助けたいという気持ち)・喜(他人の幸福を自分のことのごとく喜ぶ気持ち)・捨(一切の生命を平等に受け入れる気持ち)が解毒剤になります。慈悲喜捨という善感情を育て、心を成長させ、その善感情でもって悪感情を解毒するのです。

こうした精神的な善は、悪感情とは違って、努力しないと、頑張らないとたまらないものです。けれども、善感情を頑張ってためていけば、人間はどんどん幸せになっていくのです。

ためる生き方から手放す生き方へ

『ためない生き方 ネガティブな心を上手に消す智慧』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もっとも、仏教的に言うと、モノのレベルであれ、心のレベルであれ、どんな方法を用いても、「ためこみ」の問題を完璧に解決することは、実はできません。

ためるものがいいものであれ、悪いものであれ、ためるということ自体が、結局執着を引き起こすからです。善行為だけをする人間になってひたすら善がたまっても、そのことに対してまた新たな執着が生まれてしまうのです。

ですから、最終的には「執着をなくす」というところまで、つまり「ためる」世界を乗り越えるところまで進まなくてはいけないのです。そこで、ブッダはこう提案しています。

「ためまくることをちょっとやめて、捨てまくることをしましょうか」

いくらためていっても結局は得るものはなにもない――と理解して、ためたものを捨て、手放していくのです。

ためる世界を乗り越え、捨てることを実行し続けると、必要なポジティブエネルギーがそろいます。それが幸福につながる第一歩になるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT