長老が教える、心に「ためこまない」生き方

日々に役立つ、スリランカ仏教の智慧

「ためる」ことについて、まず、効果的な解決方法を2つほど紹介してみましょう。

1つ目は、「何を(What)、何のために(Why)、どれくらいの分量(How much)、どれくらいの期間(How long)ためるのか」という問いに対して、つねにちゃんと答えを持っておく、ということです。

「何をためるの?」と聞かれて「何でもいい」、「なぜためてるの?」と聞かれて「自分でもよくわからない」と答えているようでは話になりません。

そうではなくて、What、Why、How much、How longという質問に対してちゃんと答えを持っておく。そうすれば倫理と道徳とを考えて、適切にためることができるようになります。

とりわけ重要なのはWhyです。ためる目的をはっきりさせることができれば、おのずとHow muchやHow longも決まってくるはずです。

たとえば、貯金というのは、ただ漠然と将来のために貯めるのではなく、「これは海外旅行用に」「マイホームやマンションの頭金用に」「子どもの教育資金用に」……といったように、「なぜためるのか」というのをはっきりさせておけば、貯めるべき金額や期間も具体的にイメージできるはずです。

当たり前のことがなかなか実行できていない

2つ目の解決法はごく単純なものです。それは、「ためたら、使う」です。

ごく当たり前のことを言っているように思われるかもしれませんが、実は、多くの人はこの当たり前のことがなかなか実行できずにいるのです。要するに、ためたものは、適切に使わなければならないのです。適切に使わなければ、使用期限が切れて、他人のものや無駄なものになってしまうことがあるからです。

たとえば、親が亡くなったら、子どもは、親が大事にためた高価な品物を無用のものとして処分してしまうものです。それは必ずしも親不孝というわけではありません。親の宝物は子どもたちには使用できないからなのです。

フランスのベルサイユ宮殿は、ルイ14世が絶対王政の権力を誇示するために建てたものです。しかし、王政が廃止になると、宮殿は一般国民の財産となりました。今では、誰でも見学できる観光名所になっています。このことは、ルイ14世の立場から考えれば、腹が立って仕方がないことでしょう。

つまり、自分が使う目的でためたものは、自分で使うしかないのです。自分が使わなかったものは、他人のものになります。そしてそれは、自分の気持ちに反したことに使われることになるのです。

次ページためたものをありがたく感じるのは、使っているときだけ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT