「五月病」にかかっても、克服する方法はある

「上司」「ライバル」「自分」とどう向き合うか

「五月病」の原因はひとそれぞれ。でもピンチから脱出する方法は必ず見つかるはずだ(写真:xiangtao/PIXTA)

前回は「五月病」を引き起こす「構造問題」を話し合った草食投資隊の3人。実は3人も社会人になりたての頃は、今後の進路で大いに悩みました。「五月病」にかかってしまったらどうするか。改めて話をしてもらいました。

大企業に入るのが「人生のゴール」じゃない

この連載の一覧はこちら

中野:渋澤さんは五月病にならなかったのですか。

渋澤:う~ん、アメリカの大学を卒業してから帰国して最初に入った組織がNGO(非政府組織)だったし、そもそも入ったのが1月だったからね~(笑)。ん? だから「二月病」ってこと?

中野:まあ、その辺にしておいて(笑)。

渋澤:冗談はさておき、五月病って何となく、「日本的な一括採用で大企業に入社した人たちに蔓延するもの」だっていうイメージが強いのですよ。子供の頃から受験勉強して大企業に入るのが人生のゴールみたいになってしまっていて、入社した途端に、次の目標を見失ってしまうケースとか、ほかの同期があまりにも優秀で、自分がその他大勢であることに気づいた瞬間、やる気がなくなってしまうケースとか。でも、私の場合は知らないことが多かったから、それを覚えるので手一杯で、気がついたら五月病にならなかったという感じでしょうか。

中野:まあ、渋澤さんはものすごいポジティブシンカーですからね。

藤野:私はしっかりかかりましたよ、五月病。

中野:藤野さんが? 何が原因で五月病に?

次ページなぜ藤野氏は五月病にかかったのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT