「五月病」にかかっても、克服する方法はある

「上司」「ライバル」「自分」とどう向き合うか

中野:話を元に戻すと、五月病はつらいけれども、社会人として生きていくためには、そこを乗り越えなければならない。私は、なかなか社会人生活に適応できませんでしたが、偉そうな上司の中にも、バカなおじさんが結構いて、バカでも給料をもらって勤め続けていられると思ったら、なんだか安心して、そのうち五月病を克服できたという面はあります。社長だって、実は大したことなかったりするわけですから、会社の人間関係も含め、現実をしっかり見ることが大事です。それが、五月病の克服にもつながっていくと思います。

藤野:学校のクラスと同じですよ。学校に入ると、合う人、合わない人がいるじゃないですか。それと同じ。そう思えば、いろいろなことが受け入れられて、五月病から抜けられます。

中野:日本人ってレッテルを貼るのが得意というか、レッテルに弱い面がありますよね。東大卒とか、部長とか、あるいは超一流企業とかね。

藤野:いわゆる一流商社は合コンの王様ですが、これも一流商社というレッテルの賜物ですからね。

中野:人生50年も生きると、ほとんどのレッテルは張りぼてだとわかります。

「3つの目」で自分の会社を見つめなおす

渋澤:虫の目、鳥の目、魚の目ってあるじゃないですか。新入社員で社会人生活がスタートしたばかりの頃は、おそらく虫の目しか持っていないから、周りのことが見えず、五月病になるのです。

だから、やや高いところから周りが見えるように、鳥の目を持つ努力をすると良いでしょう。それに加えて、魚の目で自分が入った会社、社内の環境、仕事の内容が、時代の流れに合っているかどうかもチェックするようにします。新人のうちにそこまでの目を持つのは大変ですが、仮にその3つの目で自分の会社を見て、それでもやはり自分には合わないと思ったら、転職しましょう。

中野:辞めても、十分にやり直しは利きます。なにしろ今は人手不足の時代ですから。ただ、上司は新人と仕事をすることに、本当はワクワクしているのです。だから、厳しいことを言うときもありますが、それは新人に対する愛であると、ほんのちょっと思ってください。

藤野:マーケットと同じで、社内の人間も長期的には効率化され、人格に欠ける人は、やはりどこかの段階で淘汰されます。組織ってそういうものです。

中野:いや、でも間違ったプライシングのまま出世する人もいますよね(笑)。

藤野:まあ、それもマーケットですよ。100パーセント正しいことなんてないのです(笑)。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。