50代は資産形成をする「ラストチャンス」だ

甘えを捨て「自分は冴えない社員」と認めよ

おカネがすべてではない。だが50代でも資産が少なかったら、本気でおカネを貯めよう。妻の話を聞ける人になろう(写真:IYO/PIXTA)

「草食投資隊」は、3人が40代の時に結成されましたが、気が付けばいつのまにか皆、50代に。会社勤めの人は50代を、「定年までの最終コーナー」と位置付けているかもしれません。最近は65歳定年制を導入している会社も増えていますが、60歳以降は収入も大幅に減ります。本当の意味での「現役」は60歳でエンド。とすれば、50代を最終コーナーと考える人が多いのも当然でしょう。はたして、草食投資隊の3人は、50代をどうとらえているのでしょうか。

今の50代には、ちょっと甘えがある

この連載の一覧はこちら

中野:いつの間にか、藤野さんも含めて皆、50代に突入しましたね。50代というと、ある程度の資産を持ち、ゆとりある生活を送っているイメージがあるのですが、実態は結構厳しくて、貯蓄ゼロという世帯が3割近いという統計もあります。

藤野:今50歳だと60歳まで残り10年。「iDeCo」(個人型確定拠出年金)を使って少しでも老後の資産をつくるしかないでしょうね。

渋澤:今の50代にはちょっと甘えがあるかもしれないですね。20代がバブルで良い生活を覚えてしまい、もはや何ともならないのに、それでも何とかなるって思っている人がいる。で、気付いたら厳しい状況に直面している。50代で、子供の教育費がピークになるのと同時に、親の介護の問題が発生し、自分の老後資金にまで手が回らない人も、結構多いと聞きます。いろいろ愚痴を言いたくなる気持ちもわかるのですが、居酒屋などで愚痴をこぼす暇があったら、とにかく積み立て投資を始めることが大事です。

藤野:名古屋的な生き方を心掛けて、少しでも積み立て資金を捻出することでしょうね。

渋澤:名古屋的な生き方とは?

次ページ「名古屋的な生き方」の本質とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT