「ウチの会社」という人は何が欠けているのか

「働き方改革」は早く家に帰ることじゃない

「働き方改革」とは「会社から早く帰ること」でも「リッチに消費すること」でもない。経営者も社員も間違っている(写真:ふじよ/PIXTA)
世間では「働き方改革」が注目を集める一方、企業の不祥事は絶えず、テレビには社長が頭を下げる映像が繰り返し流されています。これだけ経営トップが不祥事で頭を下げてばかりだと、当然ですが、社員の士気も下がります。はたして、働き方改革は働くモチベーションを改善するきっかけになるのでしょうか。今回はROE(株主資本利益率)という株式投資指標から、働き方改革、経営者の実態まで、幅広い観点から、草食投資隊の3人に働くことの意味を考えてもらいました。

株主を重視する経営者が明らかに増えた

この連載の一覧はこちら

渋澤:日本って、テレビのニュースを見ていると、大手企業の社長さんが出てきて、頭を下げてばっかりですよね。東芝は不正会計問題以降も、さまざまな問題が噴出していて、決算もうまくまとめられない状態だし、アスクルの物流倉庫は火災に見舞われるし、最近だと、てるみくらぶの倒産もあったし。こんなに社長が頭を下げる場面ばかりテレビで放送されると、社長の威厳がどんどん低下してしまいます。

中野:まあ、社長は頭を下げるのが仕事というところはありますけれどもね。

渋澤:ちょっとむちゃぶりですが、社長は頭を下げてばかりいるけれども、日本企業(東証1部)のROEは8%を超えて徐々に上がってきています(笑)。

藤野:資本コストを超えてきましたね。伊藤レポートで注目されたROEですが、このポイントは、ROEを8%以上にすることよりも、持続可能な成長を続けられるかどうかという点が大事なのです。

ROEは数ある指標のひとつですが、それが改善しているのは、日本企業のファンダメンタルズが良くなっているわけで、そこは評価できます。企業訪問などをしていても、3年前に比べて株主を重視した経営をしていることに気づきます。これはポジティブな側面ですね。漢方薬的な効果なので、劇的に大きく変わるわけではありませんが、徐々に変わっていくものです。

次ページ「ウチの会社」という企業がダメな理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT