「ウチの会社」という人は何が欠けているのか

「働き方改革」は早く家に帰ることじゃない

渋澤:ROEはターゲットではありませんからね。ROEはReturn On Equityで、株主資本利益率のことですが、もしこの数字を上げようとしたら、Eの部分を下げてもできるわけです。つまり、外部からおカネをバンバン借りて、自己資本比率を下げれば、ROEは上昇します。

ただ、それは財務健全性という観点から考えると、決して望ましいものではありません。だから、ROEを上げるにしても、その方法が問われるわけですが、日本の経営者にありがちなのは、とにかく資本コストに対する意識が低いのです。なかには、資本コストはゼロだと思っている経営者もいますが、それは大きな間違いです。株式発行によって調達した資金は自己資本に組み入れられますが、当然、投資家としては、その企業に投資したことで一定のリターンを期待していますし、経営者はそれに応える責任があります。

中野:そこが日本企業の幼稚さですよね。資本市場がどういう存在で、そこで資本調達することが何を意味するのか、ということがわかっていない企業も多いのです。だから、これまでROEに対する意識が低かったのではないでしょうか。

「ウチの会社」と無意識に言う人々は何が問題なのか

渋澤:それが実態ですね。おそらく公開企業であることの意味が、経営陣も含めてわかっていない場合が少なくないですね。よく、自分の会社のことを「ウチの会社」って言うじゃないですか。あれだって間違っていますよ。株式を上場している以上、その会社は社会の公器です。公器に対して、「ウチの」という、自分たちの所有物であるかのような表現で語ってはいけない。弊社というのが正しいのです。上場企業じゃなくても、それは本質的には同じです。

中野:あ~、確かに「ウチの……」って言いますね。

渋澤:「ウチの……」って言っていると、うちの意識でやっていたことが、実は外から見たらだいぶおかしかった、ということになり、経営者が頭を下げるという顚末になるわけです。ただ、日本企業の経営者は、大半が自分の私腹を肥やすための不祥事で頭を下げているのではないのです。対して米国企業の経営者は、自らが儲けたくて暴走します。米国の企業経営でガバナンスが重視されるのは、この違いがあるからだと思います。

次ページ普通の社員も、もっと流動化しないとダメ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。