「成績ダウンに悩む子」に親がかけるべき言葉

子どもにはわからない「俯瞰の視点」がある

私は、これまでたくさんの子どもたちを指導してきましたが、彼らには多くには、ある共通した特徴があることがわかったのです。その1つが、「間違えることを恐れている」ということです。ですから、授業で当てても「わかりません」と答えるか、前の生徒と同じ答えを言います。そして間違えると「しまった!」という顔をします。これは何も勉強ができる子、できない子にかかわらず全体的にあることなのです。

きれい事では子どもの心に届かない

負けず嫌いな子になると、さらに極端な反応をします。そこで私は、間違えることの大切さを話すのですが、ただ普通に「間違いは大切だ」「失敗は成功の元」と話をしても具体性がなく心に届きませんし、ただきれい事のように受け止められがちです。そこで、次のような話をするのです。

:「あのね、失敗や間違いというのは、めちゃくちゃ大切なんだよね。たとえば、これから100点満点のテストを2人にやるとするね。A君が80点で、B君が20点だとする。そのときの2人の気持ちはどのような感じだと思う?」

生徒:「A君はよかった、B君はダメだったという感じです」

:「そうだね。では次に、2人はその後、テスト直しのときどういう気持ちでやるかな?」

生徒:「A君はたった20点分だから、前向きにやって、B君は悪い点数に落ち込んでいて、あまりテスト直しをしたくないと思います」

:「そうだよね。それが普通だよね。でもね、この普通が間違っていて、実はその逆が正しいんだよ」

生徒:(え! どうして? という顔をする)

:「2人に間違えたところを先生が教えてあげるとするね。そうするとA君の場合は、間違った20点分を学ぶだけだけど、B君は80点分も学んで、そのぶん伸びることができるよね。すると塾で同じ月謝を払って、B君のほうが4倍得しているよ。しかもB君の成長率はA君の4倍だ!」

わけのわからないへ理屈のような話ですが、生徒は「なるほど」と感じてくれます。つまり、最終的テストでは間違いや失敗はないほうがいいのですが、プロセスでは逆に間違いや失敗がたくさんあったほうが、成長するのです。

このことを徹底して子どもたちに教えていかなくてはなりません。ですから「失敗は成功の元」という程度の話では、子どもたちの心には入っていかないため、あえて私は「失敗を量産する」という言葉を使っているのです。これくらいの言葉で話をしてちょうどいいぐらいでしょう。

『ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

星野さんの娘さんは、負けず嫌いであることも手伝い、間違える自分、わからない状態でいる自分を恐れ、それを周囲の誰にも言えずにきたのではないかと思います。そして、うそをついてしまう状態になってしまったということでしょう。

親御さんがされた、「うそがわかったときは、強くしかることをせず言い聞かせる形で対応し、自分のためにならないことや、成績が悪くてもしからないから、一緒に頑張ろうと伝える」というご対応はとてもいいですね。そこから、一歩前進し、「錯覚に陥っていること」「間違い・失敗の量産」のお話をしてあげてください。娘さんは、またぐんぐん伸びていくことでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT