「成績ダウンに悩む子」に親がかけるべき言葉

子どもにはわからない「俯瞰の視点」がある

【負けず嫌いな子のケース】

ケース1:自分ができないことが許せないので、何とかしてできるようにしようと行動する。直面している課題がもう少しでクリアできそうな段階では、「負けず嫌いな性格→突破させるためのエネルギー」となり、ぐんぐん伸びる子になっていく。

ケース2:初めはケース1で進んでいるが、クリアできないと判断すると、やらなくなる。つまり逃げる。

ケース3:初めはケース1で進んでいるが、クリアできないと判断すると、うそをつきはじめる。うそをついてまで、自分のプライドを維持しようとする。たとえば、できていないのに、できると言い続けるなど。

これまで私が指導してきた生徒にも、負けず嫌いな子がたくさんいました。この特質はとてもよいものなので、ケース1のように成長していくケースも多いのですが、適切に指導していかないと、ケース2や、ひどい場合はケース3のなる場合もあります。

星野さんの娘さんは、まさにケース3の状態に陥っているのでしょう。もともとは、とても頑張り屋さんですし、まだ中学1年生ですから、これからどのようにでも成長することができますので、適切なアドバイスをしてあげてください。

親がかけるべき言葉は?

では、これから、私が行ってきた2つの方法についてお話しします。

1. 錯覚に陥っていることを教えてあげる

→絶対的能力の位置と相対的能力の位置を紙に書いて示す

通い出した塾の進度が速いため、ついていけず下位クラスになってしまったというとき、まずは、次のような会話をします。仮にお子さんの名前を優子さんとします。

「優子の場合、小学校で成績よかったよね。紙に書くと、このあたり。小学校というのは全国に2万校あって、公立学校はだいたい同じような生徒がいるから、優子は全国的に見ても結構上位に入ることになるね。でも優子が通っている塾にいる子は、特に頑張って勉強している子が集まっているから、この上位の子たちだとするよね。すると、その中だけの集団で集まると、もしかしたら優子はいちばん下になるかもしれないね。でも、その中でいちばん下でも、トップ集団にいることは変わりないということだよ」

大人にとって当たり前のこのような考え方を、なかなか子どもはできません。ですから、まずは、絶対的な能力が低いのではないということを教えてあげましょう。

2. 間違いや失敗を量産することが大切と教える

さて、これは今回、最もお伝えしたいことです。それは「間違いや失敗の量産」についてです。実はこの話は、子どもたちだけでなく、私たち大人にとっても当てはまる話なのです。この考え方が身に付くと最強です。なにしろ間違いや失敗が即、成長への栄養となっていくのですから。では、どのようなことかお話ししましょう。

次ページ間違えることの大切さを教える具体例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT