住みよさランキング「富裕度」1位の都市は?

安心度・利便度など5部門別最新順位を公開

東京都内の中心部は「富裕度」ランキングで軒並み上位に(写真:J6HQL / PIXTA)

印西市(千葉)が6年連続で総合トップとなった「住みよさランキング2017」では、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの観点を指標として、総合順位を算出している。今回はその5部門の今年の部門別ランキングについて、詳細をご紹介しよう。

「富裕度」のトップは東京の都市が独占

『都市データパック2017年版』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。データ版はこちら

まず、財政力や住民の経済的豊かさを示す「富裕度」は、武蔵野市(東京)と東京23区の10区(千代田、中央、港、新宿、文京、品川、目黒、世田谷、渋谷、杉並)を合わせた計11市区がトップに並んだ。11市区が同時に1位に並んだのは昨年と同じ構図だが、今年は、品川区(東京)が新たにこの1位グループに加わり、代わりに浦安市(千葉)が外れた。

武蔵野市は、「財政力指数」「地方税収額(人口当たり)」「課税対象所得(納税義務者1人当たり)」の3指標すべてが1位。東京23区の10区は、「課税対象所得(納税義務者1人当たり)」が1位である(東京23区は、「財政力指数」「地方税収額(人口当たり)」の2指標については他市と比較可能な数値がないため、除外してランキングを算出している)。浦安市は、昨年は武蔵野市と同様、3指標すべてが1位だったが、今年は「課税対象所得(納税義務者1人当たり)」が昨年1位から今年14位に下がったことが影響して、12位に後退した。

人口のみならず、富も東京の都市に集中している傾向が鮮明にあらわれている。

次ページまずは「富裕度」「安心度」トップ30
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。